ここから本文です

サラーはレアルより「バルサが合う」 スペイン2大名門の“OB”エトー、移籍の噂に言及

6/25(火) 8:30配信

Football ZONE web

エトーがサラーを絶賛 「世界最高の選手の1人になるためのすべてを備えている」

 リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーには、今夏でのレアル・マドリード移籍の噂が浮上しているが、カタールSCの元カメルーン代表FWサミュエル・エトーはバルセロナのほうがサラーには合っていると話している。英公共放送「BBC」が報じた。

 サラーは2017年夏のリバプール加入から、2シーズン連続でプレミアリーグ得点王を獲得。今季14年ぶりに欧州王者となった“レッズ”の一員として、74試合で54得点とハイペースで得点を重ねている。各国のメガクラブが、その力を欲しがっているのも当然だろう。

 その一つが、ジネディーヌ・ジダン監督の下で再建を図るレアルだ。スペインの二大名門クラブであるレアルとバルセロナの両方でプレーした経験のあるエトーは、サラーの移籍の噂についてこう語っている。

「バルセロナのほうが合うだろう。レアルは私にアフリカを離れる機会を与えてくれたが、バルセロナのスタイルを知っている私としては、彼(サラー)にはいいと思う」

 エトーはユース時代にレアルに加入し、トップリーグでの出場回数はわずか3試合だった。しかし、その後2004年からは5年間バルセロナで活躍。エトーは「彼にもし世界最高のリーグであるラ・リーガでプレーするチャンスがあるのならば、絶対にバルセロナとサインすべき」と述べ、「モウは、世界最高の選手の1人となるためのすべてを兼ね備えている」と続けた。

 英メディアなどでは移籍金が1億5000万ポンド(約205億円)とも伝えられているなか、サラーはそうした高額オファーを拒否し、来季もリバプールでプレーすることが確実とされている。果たして、スペインの地でサラーの姿を見られる時は来るのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/25(火) 8:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事