ここから本文です

日本代表、VAR判定の末に中島先制も…失点し1-1で後半へ エクアドルに勝てば8強進出

6/25(火) 8:47配信

Football ZONE web

両者が決勝T進出のために勝利を目指す激しい攻防

 日本代表は現地時間24日、招待参加している南米選手権(コパ・アメリカ)のグループリーグ最終戦のエクアドル戦に臨み、前半15分にMF中島翔哉が先制点を挙げるも同点ゴールを許し、1-1の同点でハーフタイムを迎えた。

【写真】「空箱へアーチを描く」 日本代表MF中島が絶妙なシュートで先制点を決める瞬間

 2試合を終えて1分1敗の勝ち点1で迎えた日本は、勝てば決勝トーナメント進出、引き分け以下で敗退という背水の陣での試合になった。森保一監督は第2戦ウルグアイ戦から10人のスタメンを継続させ、MF安部裕葵が務めたトップ下にMF久保建英が入った。

 日本はエクアドルの前線からのプレスに手を焼く立ち上がりになったが、中盤までつなげればスペースを生かした。そして前半15分、中島のスルーパスにFW岡崎慎司が反応すると、前に出た相手GKのクリアボールを拾った中島が無人のゴールに蹴り込んだ。一度は岡崎がオフサイドと判定されたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の確認でオンサイドと認められ、日本の先制点となった。

 同23分に日本は自陣ペナルティーエリア内でGK川島永嗣がパスミスでボールを失うという冷や汗をかいたが、川島が自身でファインセーブを見せて事なきを得た。しかし同35分、右サイドからのクロスを頭で合わせられると、川島が弾いたボールをFWアンヘル・メナに押し込まれて同点。日本はリードを維持できず1-1でハーフタイムを迎えた。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/25(火) 10:39
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事