ここから本文です

「空箱へアーチを描く」 先制点の中島が披露した“絶妙パントキック”を海外称賛

6/25(火) 9:21配信

Football ZONE web

中島のゴールで日本が先制も同点で後半へ

 日本代表は現地時間24日、コパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第3戦でエクアドル代表と対戦し、1-1で前半を終えた。MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)が貴重な先制点を決めたが、海外メディアも「空箱へアーチを描く絶妙ショット」と称えつつ、その前にFW岡崎慎司(レスター)が見せた抜群のタイミングでの抜け出しにも注目している。

【写真】「空箱へアーチを描く」 日本代表MF中島が絶妙なシュートで先制点を決める瞬間

 勝てば決勝トーナメント進出が決まる日本は、第2戦ウルグアイ戦(2-2)の布陣をベースにしつつ、トップ下には第1戦チリ戦(0-4)で先発出場していたMF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)が復帰した。

 両チームともに勝利が必須となる一戦は、序盤から白熱した一進一退の展開となるが、0-0で迎えた前半15分、中島のスルーパスに抜け出した岡崎が決定機を迎えるも、あと一歩のところで、飛び出した相手GKのクリアに遭ってしまう。

 しかし、そのこぼれ球を中島が拾うと、ガラ空きとなっている無人のゴールへ浮き球のシュートを放つと、ボールはバーの下を叩きながらネットを揺らした。ゴールの瞬間、主審は試合を中断し、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)にその前の岡崎の抜け出しにオフサイドがなかったか確認するも、オンサイドであったことが確認され、正式に得点が認められた。

 中島が決めた重要な先制点に海外メディアも反応。南米放送局「DIRECTV Sports」公式ツイッターは「中島翔哉が空箱へアーチを描く絶妙ショットで日本にリードをもたらした」と速報すると、南米メディア「TyC Sports」公式ツイッターは「VARの介入は鼓動を高めたが、最終的には日本を祝福した」と紹介している。

 スペイン紙「マルカ」は公式ツイッターで「エクアドルはオフサイドを要求したが、岡崎の抜け出しをGKドミンゲスは予想していた。しかし、中島の頭上に弧を描くパントキックを喰らうことになった」と説明し、岡崎が絶妙な抜け出しを見せた瞬間と、中島がシュートを放った瞬間の写真を公開している。日本は前半35分に同点弾を与えてしまうも、迫力ある攻撃をエクアドル相手に見せ、勝負の後半を迎えることになった。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/25(火) 10:39
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ