ここから本文です

久保建英が幻の決勝ゴール オフサイド判定直後にVAR…判定覆らず会場は大ブーイング

6/25(火) 10:19配信

Football ZONE web

後半アディショナルタイム、久保のシュートがネットを揺らしたが…

 日本代表は現地時間24日に、南米選手権(コパ・アメリカ)グループリーグ最終戦のエクアドル戦に臨み、1-1で迎えた終盤にMF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)の劇的ゴールが決まったかに思われたがオフサイド判定。直後にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認が入るも判定は覆らず、会場は大ブーイングに包まれた。

【動画】久保建英がペナルティーエリア内でパスを受けて左足一閃! 強烈な一撃がエクアドルのゴールを強襲

 前線からのプレスに手を焼いた日本だが前半15分、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)のスルーパスにFW岡崎慎司(レスター・シティ)が反応し、前に出た相手GKのクリアボールを拾った中島が無人のゴールに蹴り込んだ。一度は岡崎がオフサイドと判定されたが、VARの確認により、日本の先制ゴールが認められた。

 しかし同35分、エクアドルに右サイドからのクロスを頭で合わせられると、GK川島永嗣(ストラスブール)が弾いたボールをFWアンヘル・メナに押し込まれて同点。1-1のまま前半を折り返した。後半は一進一退の攻防が続くなか、後半アディショナルタイムにビッグチャンスが訪れる。

 後半AT4分、相手ペナルティーエリア内で中島がシュート。これはGKに防がれるも、こぼれ球に反応した久保がシュートを放ち、ゴールネットを揺らしたが、これはオフサイド判定となった。

 その直後に一転、VARの確認が入って試合は一時中断。久保は祈るように両手を合わせていたが、結局判定は覆らずに主審はプレー続行を指示した。すると会場からは一斉に大ブーイングが飛んで響き渡った。

 結局、試合はそのまま1-1で終了し、日本はグループ3位となるも、他グループとの兼ね合いでグループリーグ敗退が決まった。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/25(火) 12:57
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事