ここから本文です

久保建英、VAR判定待ちで“祈りポーズ”の胸中は? 「クリアミスとかにならないかな」

6/25(火) 12:38配信

Football ZONE web

後半ATに久保がゴールもオフサイド判定、その直後にVARで試合は一時ストップ

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間24日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第3戦でエクアドルに1-1と引き分けた。MF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)は後半アディショナルタイムにネットを揺らしたがオフサイド判定となり、直後にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認で一時試合が中断。久保は両手を合わせて祈りのポーズを見せていたが、その時の胸中を明かした。

【動画】久保建英がペナルティーエリア内でパスを受けて左足一閃! 強烈な一撃がエクアドルのゴールを強襲

 日本は前半15分、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)のスルーパスにFW岡崎慎司(レスター・シティ)が反応し、前に出た相手GKのクリアボールを拾った中島が無人のゴールに蹴り込んだ。一度は岡崎がオフサイドと判定されたが、VARの確認により日本の先制ゴールが認められた。

 しかし同35分、エクアドルに右サイドからのクロスを頭で合わせられると、GK川島永嗣(ストラスブール)が弾いたボールをFWアンヘル・メナに押し込まれて同点。1-1のまま終盤に突入したなか、日本にチャンスが訪れる。

 後半アディショナルタイム4分、相手ペナルティーエリア内から中島がシュート。これはGKに防がれるも、こぼれ球に反応した久保がシュートを放ってゴールネットを揺らした。歓喜に沸いた日本だったが、これはオフサイド判定で取り消しとなった。

 しかしその直後、一転してVARの確認が入って試合はストップ。その間、久保は祈るように両手を合わせていたが、18歳アタッカーは何を思っていたのか。

久保自身も「オフサイドだろうなと思っていた」と告白、それでも一縷の望みに賭け…

 自分でも「オフサイドだろうなと思っていた」と語りつつ、「なんかクリアミスとかにならないかなと思ってました」と一縷の望みに賭けていた。しかし結局判定は覆らず、ノーゴールのまま1-1ドローに終わった。

「決まっていれば、ここでこうやって話すこともなかった。オフサイドだったので力不足とかはないですけど、しっかり枠にも入れているので。その前に自分もチャンスはあったので、そこは悔しいですね」

 最後のチャンスを冷静に振り返った久保は、確かな自信を手にして大会を後にした。

Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki

最終更新:7/4(木) 17:16
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事