ここから本文です

【円高・円安「為替変動」の修羅場4】 ここ一番の勝負所は、 社内稟議を無視して やるっきゃない!

6/25(火) 6:00配信

ダイヤモンド・オンライン

 倒産寸前から、売上「3倍」、自己資本比率「10倍」、純資産「28倍」、25年連続黒字!?
今から25年前の1993年3月。メインバンクからも見放された「倒産寸前の会社」があった。
その名は株式会社日本レーザー。1968年創立、東京・西早稲田にある、総勢65名の小さな会社だ。
25年前、火中の栗を拾わされた、近藤宣之・新社長を待っていたのは、「不良債権」「不良在庫」「不良設備」「不良人材」の「4つの不良」がはびこる《過酷な現場》だった。
近藤が社長就任の挨拶をすると、社員みんながそっぽを向いた。
「どうせ、すぐ辞めるんだろう……」
そんな状況を「一寸先は闇しかなかった」と近藤は振り返る。
しかし、この後、さらに「25の修羅場」が待っていた!
◎生後まもなく、双子の息子が急死
◎41歳で胃潰瘍、42歳で十二指腸潰瘍、47歳で大腸ガン、その後嗅覚喪失
◎腹心のナンバー2(筆頭常務)の裏切りに遭い商権喪失。売上2割ダウン
◎親会社からの独立時に、妻に内緒で「6億円の個人保証」
◎どんなに頑張っていても、たった1円の円安で年間2000万円もコストアップ
◎ある日突然、海外メーカーから「メール一本」で契約打ち切り(その数、計28社)
それがどうだろう?
倒産寸前の25年前と比較し、直近では、売上「3倍」、自己資本比率「10倍」、純資産「28倍」。10年以上、離職率ほぼゼロ。しかも、第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」を皮切りに、経済産業省の「ダイバーシティ経営企業100選」「『おもてなし経営企業選』50社」「がんばる中小企業・小規模事業者300社」、厚生労働省の「キャリア支援企業表彰2015」厚生労働大臣表彰、東京商工会議所の第10回「勇気ある経営大賞」、第3回「ホワイト企業大賞」を受賞。新宿税務署管内2万数千社のうち109社(およそ0.4%程度)の「優良申告法人」にも認められたという。
絶望しかない状況に、一体全体、何が起きたのだろうか?
「壮絶な修羅場のエピソードだけでなく、その修羅場をどう乗り切ったかの全ノウハウをすべて書き尽くした」という『倒産寸前から25の修羅場を乗り切った社長の全ノウハウ』が発売たちまち大反響!1987年から「一読の価値ある新刊書」を紹介する信頼の書評専門誌【TOPPOINT】2019年6月号のベスト10冊に選抜されたという。「25の修羅場」とは?「全ノウハウ」って?

【この記事の画像を見る】

 4.為替の予約
 ……為替変動に対する最後の手段は「為替の予約」です。
 為替予約とは、将来必要な外貨をあらかじめ決めたレートで売買する取引のこと。
 しかしこれが大変難しい。
 海外メーカーからの製品調達が主ですから、円高で安くドルやユーロを調達できれば利益が増え、逆に円安になれば、ドル建てやユーロ建ての価格は円では高くなってしまいます。

 実際の送金時のレートがいくらでも、為替予約したレートで必要なドルやユーロに交換します。

 送金時に予約レートより円高であれば、予約しなかったほうがいいわけです。

 ですから、円安になると見込めば予約し、円高になると見込めばなりゆきでいいのです。

 輸出企業と輸入企業とでは方針はまったく反対になります。
 当社は輸入企業ですから、その立場で説明しましょう。

 まず為替レートですが、テレビニュース等で報道されるレートは売買の“仲値”です。
 これを「TTM」といいます。
 外貨を買うレートは「TTS」といい、輸入企業向け。外貨を売るレートは「TTB」といい、輸出企業向け。
 当社はドルを買ってそれで海外へ支払うので、まず円を売ってドルを買います。

 ドルを売るのは金融機関ですから、彼らから見れば売る(Sell)ので「TTS」というわけです。

 輸出企業は輸出で得たドルを売って円に換えて給与を払いますので、そのドルを買うのは金融機関です。

 彼らから見れば買う(Buy)ので、「TTB」といいます。
 それぞれのレートが違うのは金融機関が手数料を取るからです。
 一般に仲値(TTM)が100円ならば、TTSは101円、TTBは99円となるわけです(実際には各企業ごとの優遇レートが反映されます)。

 仮に、今日のレートが110円としましょう。
 市場を見て、今後115円程度の円安になると判断すれば、輸入企業は円を売ってドルを買います。
 今ならば、110円でドルが手に入るからです。

 逆に105円程度の円高になると判断すれば、輸出企業はドルを売って、円を買います。
 今ならば110円を確保できるからです。
 このような外貨を売買する予約をしておき、期日に支払うことを「為替予約」といいます。

 見込みが狂いそうなときは予約をしないほうがいい。下手をすると大幅な損失が出てしまいますから、バクチのようなところがあります。

 かつては、日米の金利差が非常にあったので、長期の予約をすると非常にいいレートが取れました。

 たとえば、1ドル120円時に100円で買えたときもありました。
 さらに複雑なレバレッジを使った予約では90円台のレートも取れたものです。

 しかし、長期に多額の予約をすることはリスクが大きくなります。
 そのために子会社のときには、親会社から1年間に最大100万ドルまでと規制され、加えてその都度本社の常務会の承認が必要という足かせがあったのです。

 でも、予約は為替相場が常に変化する状況で行うので、常務会の承認が必要では話になりません。

 事実上、予約なんかするなというものです。
 したがって、ここ一番のときには社内ルールを無視してやっていました。

 ps.「25の修羅場」の詳細は、第1回連載「倒産寸前から売上3倍、自己資本比率10倍、純資産28倍!「25の修羅場」が「25年連続黒字」をつくった理由」をご覧ください。きっと、私が血反吐を吐きながら、泥水を飲みながらのここまでのプロセスの一端を垣間見れるかと思います。

近藤宣之

最終更新:6/25(火) 10:30
ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

2019年7月27日号
発売日7月22日

定価710円(税込み)

特集 退職金と守りの!!老後運用術
退職金格差が拡大する三つの理由
特集2 激突!クラウド3強
急成長する8兆円市場

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事