ここから本文です

スバル「5代目フォレスター」発売1年の通信簿

6/25(火) 6:10配信

東洋経済オンライン

 SUBARU(スバル)のSUV(スポーツ多目的車)「フォレスター」がフルモデルチェンジしてから、約1年が経とうとしている。

【写真】5代目フォレスターの荷室はこんなに広い!

 フォレスターは、1997年に誕生した。当初はステーションワゴンの最低地上高をやや高めにしたといったような位置づけで、今日のSUVに近い姿となったのは2007年の3代目からで、現行車で5代目となる。

■販売台数はまずまずの推移

 スバル1000以来続く水平対向4気筒エンジンと、1970年代初頭からの4輪駆動技術に支えられ、フォレスターは独自の存在感を持ち、SUVとしての優れた性能が底堅い人気を保ってきた。

 そのうえで、5代目フォレスターが目指したのは、スバルの企業スローガンである「安心と愉しさ」を体現するような、乗る人すべてが楽しく、快適な空間を共有できるクルマである。あわせて、電動化技術として水平対向エンジンを活かしたハイブリッドシステムのe-BOXERの搭載や、インプレッサで先に採用された歩行者保護エアバッグなどの安全装備も充実させている。

 国内での発売は昨年7月からだが、その2カ月前から先行予約が行われ、最初の約1カ月で4000台を超える受注を得た。これは、月の販売計画である2500台を超える数であった。

 その後の推移を日本自動車販売協会連合会(自販連)の乗用車ブランド通称名別順位で見てみると、2018年8月に3000台超の販売台数で22位となり、同年9月には5000台超で18位、10月も4000台弱で20位となった。それ以降も、月平均3000台強で推移するなど、当初目標をクリアしており、まずまずと言えそうだ。

 5代目の現行フォレスターで目新しいのは、ハイブリッドのe-BOXERの存在だ。水平対向4気筒エンジンと変速機の間に薄型のモーターを挟み込み、若干のモーター走行を可能にしながら、エンジン出力をモーターで補って、加速と燃費を改善するハイブリッドシステムである。

1/3ページ

最終更新:6/25(火) 6:10
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事