ここから本文です

加点法で若き森保Jを評価しよう。コパ敗退も南米相手に残した痕跡。

6/25(火) 16:01配信

Number Web

 日本代表を一番信用していなかったのは、他でもない日本人だったのかもしれない。

 日本がコパ・アメリカに、それも東京五輪世代を中心としたチームでの出場が明らかになると、森保一監督と選手たちには懐疑的な視線が向けられたものだった。

【動画】まるで魔法! 久保建英、後ろからのボールをピタッと止めるトラップ。

 勝点1でも取れたら評価できる。3戦全敗も現実的だ。もう二度と招待しようとは思われないような惨敗さえもあり得るのではないか──ありとあらゆる種類の悲観論が渦巻いた。

 それがどうだろう。

 チリ戦の完敗からわずか3日後、ウルグアイ相手にスリリングな攻防を演じた。勝利に対して前のめりな姿勢は好感を誘い、グループリーグの中でもトップクラスの一戦との評価を受けた。

VARで認められた中島のゴール。

 現地時間6月24日に行われたエクアドル戦は、ベロオリゾンテのエスタジオ・ミネイロンを舞台とした。2014年のワールドカップ準決勝でブラジルとドイツが激突し、5万8000人強の観衆の面前でサッカー王国がプライドをズタズタに引き裂かれたあのスタジアムも、今回は空席が目につく。

 エクアドルのサポーターは集まっているが、観衆は7600人に過ぎない。アウェイの雰囲気がないというより、セントラルでの一戦のようだ。

 エクアドルはここまで2連敗で、休養も日本より1日少ない。勝機は十分に見出せるはずだが、勝てばベスト8へ進出できるのは彼らも同じである。アジアからやってきた来訪者に、やすやすと勝点3を差し出すはずもない。

 求められるのは攻めの姿勢だった。

 果たして、15分にゴールをこじ開ける。2試合ぶりに先発した久保建英から中島翔哉へパスがわたり、岡崎慎司がスルーパスに反応する。飛び出したGKにスライディングでクリアされたものの、ボールは中島のもとへ帰ってきた。

 背番号10は無人のゴールへ蹴り込む。一度はオフサイドで取り消されたが、VARで得点が認められた。

ケアレスミスから狂ったリズム。

 ウルグアイ戦に続いてリードを奪ったものの、日本の動きには鋭さが増していかない。3試合連続のスタメンが5人、2試合連続先発も5人である。コンディションが下降線にあるのは間違いなく、22分と25分には守備陣のケアレスミスから決定機を招く。

 第2戦まで起こり得なかったミスは、試合のリズムを狂わせていく。先制後は相手のゴールへ迫れず、35分に同点ゴールを喫してしまう。守備のCKの流れを断ち切れず、ゴール前へ上がったままの長身センターバックに高さを生かされ、相手の10番アンヘル・メナに押し込まれた。

 細かなミスが積み重なった前半は、1-1のままで終了する。コパ・アメリカ初勝利も準々決勝進出も、まだ輪郭を持っていない。

1/2ページ

最終更新:6/25(火) 17:41
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

982号
7月11日発売

特別定価620円(税込)

カープに学べ。

なるか4連覇! カープの成功と愛される秘密を解き明かす
鯉のレッスン14講座

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事