ここから本文です

青天のへきれきだった北海道移転【大島康徳の負くっか魂!!第112回】

6/26(水) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

不思議な体験

2002年はいろいろ悩ましい1年でした

 6月に入り、関東も梅雨入り。東京は、どんよりとした曇り空が続いています。なんだか太陽が恋しくなってきましたね。

 今回は、ちょっと不思議な現象の話から始めましょう。

 もともと僕は、そういうものには、ほとんど縁がないんですが(鈍感というわけではないですよ!)、実は先日、2回も続けて不思議なことがありました。

 怖い話ではなく、ほっこりとした話ですので、ご安心を。

 取材で行った札幌と仙台の夜に、それに遭遇しました。

 どこに行っても、どういう環境の中でも、あっという間にぐっすり眠り、途中で目が覚めることはほとんどない僕ですが(やっぱり鈍感なのかな……)、2晩とも不思議な感触で目が覚めました。

 僕の左手のあたりに、温かく柔らかいものが触れていたからです。その話をナオミさん(愛しの妻です)にすると、

「それ、祭(=12歳トイプードル♂)だよ! きっと会いに行ったんだよ」

 と言いました。

 そうかもしれないなあ……。

 以前一度書きましたが、祭の心臓が少し弱っており、そのことが心配でたまらない時期でした。僕の心配が祭に届き、安心させるためにかたわらに来てくれたんだなと、本当にそう思えました。

 科学的根拠なんて関係ありません。愛情や強い思いは不思議なことを起こすのです。僕はそう信じています。

 そういえば、最初の晩となった6月4日、札幌ドームでの日本ハム-ロッテ戦のスタンドを見ていて、しみじみ思ったことがあります。

「ああ、日本ハムは・・・ 本文:2,123文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:6/26(水) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

もっと見る