ここから本文です

ジェ-ン・ス-×中野信子、女を取り巻く社会構造の不都合語る

6/26(水) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 まったく異なる人生を歩んできたコラムニストのジェーン・スーさんと脳科学者の中野信子さんだが、2人とも女として生きることに困難を感じることが多々あったという。そしてそれは彼女たちが接する女性の多くが共通して持っているものだった。仕事、社会からの扱われ方、恋愛、結婚…。「女として生きていると、“モヤる”ことばかり!」と話す2人が、膝を突き合わせて話し合った目からウロコの対談集『女に生まれてモヤってる!』がこのたび刊行された。目に見える損と目に見えない損、生きていく上で必ず直面するあらゆるモヤモヤと、私たち女性はどう対峙すればいいのか。人生は、自分の能力が低いからつらいのではなく、社会のシステムやプログラムが女に不都合だから――これを読めば、これからの人生の攻略法は確実に変わります!

【写真】「自由に振る舞う人を見ると腹が立つのは、普段がまんしている人」と語るジェーン・スーさん

◇「女らしくない」ことに劣等感を抱く必要ナシ!

ジェーン・スー(以下スー):私は「女らしくなれない自分はダメ」だとずっとどこかで思っていたんです。男を支えたり、立てたり、献身的に振る舞ったりとか、そういうサポート役が不得手なのは、自分が悪いんだ、と自罰的に思っていた。

 でも「女らしさ」を前に感情が揺れることって、実は多くの女が経験してきていることでもあると気づいたんです。世間でいうところの「女らしさ」に一度も違和感を抱いたことのない女は、いないんじゃないかと思います。それが私の第一のモヤりポイントでした。

中野信子(以下中野):「女らしい」って、男側から見た時の「お嫁さんにしたい」とほぼ同義ですね。そんな偏りのある規範に、完全に自分を当てはめようとすれば無理が生じて当たり前ですよね。

スー:もちろん誰かの優秀なサポーター役になることに「女の幸せ」を見出す人もいるでしょう。でも一方で、そうじゃない生き方を選んでも人生は楽しめる。女性にはいろんな可能性があるんです。

 最近の雅子さまを見ていると、励まされます。お世継ぎのプレッシャーに加え、ご病気でさまざまなご苦労があったであろう雅子さまが、皇后になられて生き生きとした表情を見せていらっしゃる。ご自身の才能やスキルを生かす場、生きがいを感じられる役割にたどり着けたのではないでしょうか。

1/6ページ

最終更新:6/26(水) 7:29
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

  • ただ今の時間、メンテナンスの為一時的に購入履歴の表示、有料記事の購入及び表示でエラーになる事があります。エラーになった場合はしばらく時間をおいてから再度お試しください。