ここから本文です

岡田准一主演「白い巨塔」原作からカットされたあのシーンが「めちゃめちゃ面白い」

6/26(水) 16:00配信

Book Bang

 ある日願いが叶った皆さんこんにちは。ジャニーズ出演ドラマ/映画の原作小説を紹介するこのコラム、今回はこれまで何度も映像化された名作に岡田くんが挑戦したこのドラマでおま! 

■岡田准一(V6)主演、向井康二(Snow Man)出演! 「白い巨塔」(2019年、テレビ朝日)

 原作は山崎豊子の同名小説『白い巨塔』(新潮文庫)。浪速大学医学部を舞台に、どんな手を使ってでも出世を目指す権力志向の財前五郎と、研究一途の里見脩二というふたりの医者を通して、医学界の問題を抉った社会派小説である。執筆されたのは1960年代。その後何度も映像化された、医学界小説の金字塔だ。

 現在は文庫で全5巻という構成になっているが、実はもともとは3巻までで終わっていた。財前が医療ミス裁判の第一審に勝ち、里見が大学を去る、というくだりまでである。今回のドラマでいえば第4話まで。つまり金と権力と謀略の前に正義が敗北する、という話だったわけだ。ところが多くの読者から「小説といえども、社会的反響を考えて、作者はもっと社会的責任をもった結末にすべきであった」という声が寄せられる(新潮文庫第5巻あとがきより)。ありていに言えば「救いがないにもホドがある!」ってことだ。うん、確かに。

 それであらためて『続 白い巨塔』を雑誌連載し、単行本として上梓。のちに正編を1~3巻、続編を4・5巻として現在の文庫の形になった。正編では医学界の腐敗を描き、続編では命に向き合うとはどういうことか、医者はいかにあるべきかというテーマになっている。

 これまで何度も映像化されてきたと書いたが、1966年の田宮二郎主演映画と、1967年の佐藤慶主演ドラマは、正編のみを原作としている。続編まで含めての初の映像化は、伝説となっている1978年の田宮二郎主演ドラマだ。その後、村上弘明版(1990年、テレビ朝日・全2回)、唐沢寿明版(2003年、フジテレビ・全21回)が放映された。

 映像作品はいずれも、舞台を放送時点の年代に置き換え、その時代の医療水準に併せて登場する病気やその治療法、財前の専門分野などを変えているのが特徴だ。だが医学的な変更はあっても、物語そのものはどれも実に原作に忠実。同じ昭和30年代に書かれた松本清張『砂の器』の映像化が時代ごとに大きく改変されたのに対し(中居正広版とヒガシ&ケンティ版を取り上げた回を参照のこと)、本書はほぼそのままのストーリーで現代に通用する。なぜそんなことが可能なのか。

1/3ページ

最終更新:6/26(水) 16:00
Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事