ここから本文です

深刻な大気汚染の韓国、中国には文句が言えないのか?

6/26(水) 12:17配信

Wedge

 毎日の朝、微小粒子状物質「PM2.5」濃度の数値を確認することはもう日常的なこととなった。数年前からソウル市内では、多くの人がマスクをつけて歩いている姿をよく目にする。韓国で大気汚染は深刻な社会問題になっている。

 昔から韓国の冬の気候を「サムハン、サオン・三寒四温」という4字熟語に比喩した。3日は寒くて4日は暖かい天気が繰り返されるという意味だ。最近は“三寒四温“という言葉の代わりに「三寒四微」という言葉が出ている。シベリアから吹いてくる冷たい風の天気が止むと、すぐに微粒子状物質(PM10)がやってくるからだ。

 3月5日、最悪のPM2.5が韓国を襲った。同日、ソウルの1日平均の濃度が135マイクログラム/立方メートルで、2015年にPM2.5の濃度を公式に測定して以来、歴代最高値を記録した。韓国保健社会研究院の報告書によると、「現在、韓国民が最も不安を感じる危険要素は、戦争や自然災害ではなく“微粒子状物質などの大気汚染“である」という。

 この1年間(2018年3月11日~2019年3月10日)ソウルのPM2.5の濃度は平均25.8マイクログラムを記録した。世界保健機関(WHO)勧告基準である10マイクログラムの2倍を超えた。

 昨年4月にはソウルと水原(スウォン)、仁川(インチョン)で開かれる予定だったプロ野球3試合がキャンセルになった。キャンセル理由は雨天ではなくPM2.5のためだった。微粒子物質のため、プロ野球試合が取り消されたのは初めてだった。

 同日、PM10が200マイクログラム、PM2.5は40マイクログラム以上高騰したためだ。ソウル市教育庁は一昨年4月、「微粒子物質の濃度がWHO基準値以上なら、今後、屋外授業をしない」と発表した。 

 世界の都市大気汚染の調査機関の“エアビジュアル“が昨年、73カ国3000都市を対象に、年平均のPM 2.5の濃度を分析した「2018世界空気の質の報告書」によると、バングラデシュ(97.1マイクログラム)が年平均PM 2.5の濃度が最も高い国1位に、中国(41.2マイクログラム)が12位、韓国(24.0マイクログラム)は27番目に高い国家と分析された。

 ソウル地下鉄公社は、地下鉄内の空気の質の改善に向け、来年までにすべての駅舎にPM2.5まで取り除く高性能空気清浄機を設置することにした。駅舎あたり8~16台を設置する。この空気清浄機は空気から微細な粒子を外す高性能フィルターが装着されている製品だ。

 現在2号線の江南(カンナム)駅に高性能空気清浄機16台がテスト設置されている。空気清浄機稼動後、江南駅の乗り場と待合室のPM10は平均24.3%、PM2.5は24.4%減少したことがわかった。

 国民が大気汚染問題を憂慮し、深刻に受け止めている状況で、大企業が大気汚染物質の排出を隠蔽していた事実が発覚した。化学大手のLG化学とハンファケミカルが微粒子物質の生成物質の排出量を捏造し、虚偽で報告した。

 サムスン電子を含めてGSカルテックス、錦湖(クムホ)石油化学、ロッテケミカルなど大手企業6社も大気汚染物質の排出量を捏造した疑いを受けている。これらの中には特定の大気有害物質排出基準値を173倍も超過したにもかかわらず、「異常なし」と捏造した事例もあった。

 住民らの不満が高まり、地方自治体の慶尚北道と全羅南道、忠清南道が最近、ポスコ、現代(ヒョンデ)製鉄など鉄鋼メーカーに「溶鉱炉(高炉)操業停止10日」という行政処分を下した。高炉(溶鉱炉)の“ブリーダー(安全バルブ)“を開放し、大気汚染物質を排出したという理由のためだ。

 一昨年の大統領選挙の当時、文在寅(ムン・ジェイン)候補は環境公約として、「微粒子物質の排出量削減による国民の呼吸権の保障」を約束した。ところが、大気汚染が改善するどころか、段々深刻化すると、国民からは「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長を意識しすぎて、中国に対し、きちんと抗議すらできないのではないか」という不満が高くなった。

 ところが、皮肉なことに、北朝鮮もPM2.5が酷いのは一緒だろうから、金正恩委員長もむしろ韓国に文句を言ってもらえたい気持ちかもしれない。韓国民は、昨年11月、文在寅大統領が中国・習近平国家主席との会談で大気汚染問題について公式的な抗議や具体的に問題を提起していなかったと怒っている。

1/2ページ

最終更新:6/26(水) 12:17
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2019年8月号
7月20日発売

定価540円(税込)

■特集 ムダを取り戻す経営――データ偏重が摘んだ「創造の芽」
■ケータイ業界はぬるま湯体質を打破できるか
■ホルムズ危機で露呈 脆弱なエネルギー安保

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ