ここから本文です

MacBook Proの新たなリコールは、アップルの品質問題に新たな“歴史”を刻んだ

6/26(水) 8:12配信

WIRED.jp

このほどアップルが「MacBook Pro」の一部モデルを対象に、バッテリー自主回収プログラムを開始した。バッテリーの不具合による安全上のリスクがあるというのが理由で、アップルのサポートページによると「バッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性がある」という。

アップルの「新しいキーボード」の変更で、問題は解決されていない?

自主回収されるのは、2015年9月から2017年2月に販売されたMacBook Proのうち、15インチのRetinaディスプレイモデルである。アップルは対象となるバッテリーを無償交換すると説明している。

バッテリー問題の影響を受けるのは「ごく一部」のモデルにとどまるというが、これはハードウェアに問題が生じた際のアップルの常套句と言える。

過去1年だけで5回も修理プログラムの対象に

アップルは毎年、何百万台ものパソコンを販売している(2018年のMacの販売台数は1,800万台だった)。このため、かなりの台数が影響を受けたとしても、全体から見れば「ごく一部」とみなされるのかもしれない。要するに「ごく一部」とは、相対的に見た際の表現なのである。

だが、アップルの高価でプレミアムな最新ノートパソコンの自主回収は、いまに始まったことではない。アップルは今回の自主回収を含め、過去1年だけで5回も修理プログラムを発表しているのだ。(修理と自主回収の記録についてアップルにコメントを求めたが、回答は得られていない)。

問題の対象がアップルを代表する製品ラインであることを考えると、これは驚くべき回数と言える。しかもMacBook Pro は、アップルが「世界最高のプロ仕様ノートブック」として訴求している製品なのだ。

すべてはキーボードから始まった──。

2018年6月22日:無償のキーボード修理プログラムを発表

アップルのノートパソコンの最新モデルに採用されたバタフライスイッチキーボードに関する苦情が殺到した。きっかけはジャーナリストのケイシー・ジョンストンが2017年10月、自分が使っていたMacBook Proの2016年モデルのキーボードの不具合について、厳しく批判したレポートを「The Outline」に掲載したことだった。

この問題にアップルが対処するまで数カ月かかった。そして昨年6月になってキーボード修理プログラムを発表した。その内容は以下のようなものだ。

「キーボード修理プログラムは一部のMacBookとMacBook Proのごくわずかなキーボードを対象としており、以下の症状のうちひとつまたは複数が現れる場合があることが判明しました:文字が勝手に反復入力される。文字が表示されない。押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、またはキーを押したときの反応が一定しない」

対象モデルは、2015年以降に販売されたMacBook、2016年以降に販売されたMacBook Proなど9モデルだった。アップルはこのときも「一部のMacBookとMacBook Proのごくわずかなキーボード」だけの問題だと説明していた。

2018年6月27日:MacBook Pro13インチモデルの無償バッテリー交換プログロムを提供

この問題は業界であまり注目されなかったが、アップルはキーボードの問題から1週間もしないうちに次の不具合を明らかにした。コンポーネントの故障によって、内蔵バッテリーが膨張する可能性があるというのだ。

無償バッテリー交換の対象になったのは、Touch Bar非搭載の13インチ版MacBook Proである。しかし、このうち16年10月から17年10月に生産された旧世代モデルにのみ適用され、アップルは「Touch Bar非搭載の13インチMacBook Proのごく一部」のみ影響を受けると説明していた。

2018年11月12日:SSDの修理プログラムを発表

続いてアップルは、13インチ版MacBook Proの一部に「データの消失やドライヴの故障を引き起こす可能性のある」不具合があることを認め、ソリッドステートドライヴ(SSD)の無償修理を開始した。

不具合が判明したのは、またもTouch Bar非搭載の13インチ版MacBook Proである。対象となったのは、17年6月から18年6月までに販売された製品だった。

この修理プログラムでアップルは、修理に出す前に必ずコンピューター内の全データをバックアップするようユーザーに強く促している。しかし、データのバックアップには何らかの外部ストレージ(物理ドライヴもしくはクラウドストレージのアカウントのいずれかだが、どちらも無料ではない)が必要であり、ユーザーは自身で対処しなければならなかった。

アップルは当時、問題の影響を受けるのは「128GBまたは256GBのSSDの一部」であると説明していた(ちなみに、記者個人のMacBookも対象に含まれるが、いまでもアップルストアに持ち込む気になれないでいる)。

2019年5月21日:修理プログラムを拡大

その後、MacBookに関しては平穏な状態がしばらく続いた。ところが19年3月、『ウォール・ストリート・ジャーナル』のコラムニストであるジョアンナ・スターンが、MacBook Proのキーボードで入力が取りこぼされたとして、文章から文字が欠けたコラムをそのまま発表したのだ。

そして5月21日、アップルはMacBook Proの大規模な刷新の一環として、キーボード修理プログラムを拡大した。このとき発表された最新モデルは依然として第3世代のバタフライスイッチキーボードが採用されていたが、不具合の一部に対処するための重要な素材変更が実施されたとアップルは説明している(その変更の一部は、のちに「iFixit」による分解で明らかになった)。

これ以前の無償キーボード修理プログラムは、15年以降に販売されたMacBookと、16年以降に販売されたMacBook Proが対象だった。拡大後のプログラムは保証の有無に関わらず、過去4年間に購入されたMacのノートパソコンすべてが対象になる。「基本的にバタフライ構造を採用しているすべてのアップルのキーボードに適用される。そこにはMacBook Airのキーボードも含まれる」

この時点でアップルは、Macのノートを利用する顧客の「大多数」はキーボードに満足していると説明していた。満足していない顧客については、ほぼ常に「ごく一部」と表現されてきたにもかかわらずだ。

2019年5月21日:アップルが同じ日にふたつ目の修理プログラムを発表

これは「フレックスゲート」と呼ばれる問題に対処するものだった。すでにあなたがアップルストアでMacBookの修理の順番を待っていたのなら、この新たな修理プログラムを見逃しても仕方ないだろう。

アップルはキーボード修理プログラムの拡大を発表したまさに同じ日に、バックライトに不具合が生じているMacBook Proの無償修理を発表した。フレックスケーブルが傷つきやすいことが原因でバックライトの明かりが不均一になっている可能性があったことから、この不具合は「フレックスゲート」と呼ばれた。

修理プログラムは、2016年以降に販売されたMacBook Pro(Touch Bar搭載と非搭載モデルの両方)を対象とし、製品購入から4年間適用される。このときアップルは、影響を受けるのは13インチ版MacBook Proの2016年モデルのうち「ごく一部」であると説明している。

2019年6月20日:アップルがMacBook Proのバッテリー自主回収プログラムを発表

ようやく現在に追いついた。アップルは一部の旧世代のMacBook Proの15インチモデルに搭載されているバッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性があると説明。「対象となるバッテリーを自主的に無償交換」することを明らかにした。アップルストアまたはアップル正規サービスプロバイダにバッテリー交換を依頼できるほか、ノートパソコンを送付して修理を受けることもできる。

アップルによると、適用対象は原則として15年9月から17年2月に販売された15インチのMacBook Proの「一部」という。

1/2ページ

最終更新:6/26(水) 8:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ