ここから本文です

運動した後の食事でやりがちな7つのミス

6/26(水) 7:02配信

ウィメンズヘルス

定期的にジムへ行き、筋肉をつけ、カロリーを燃やしているあなたは偉い。でも、更衣室を出たあとに適切な物を食べないと、せっかく流した汗と涙が無駄になってしまうかも。ワークアウト後の燃料補給に関しては矛盾する情報が多いけれど、ルールそのものは至ってシンプル。最もありがちな過ちを冒すことなくスマートに栄養を摂取すれば、エネルギーとモチベーションがアップして、ゴールにグッと近付けるはず。
せっかくの成果を飲食物で無駄にしないポイントを、アメリカ版ウィメンズヘルスが専門家に聞いた。

【写真】運動効果をアップさせるエクササイズ前のリンパマッサージ3つ

食べ始めるのが遅すぎる

体重を減らそうとしているのかもしれないし、ワークアウトの直後だと食べすぎるのが怖いのかもしれない。でも、『Nancy Clark’s Sports Nutrition Guidebook』を執筆したスポーツ栄養士で公認管理栄養士のナンシー・クラークは、「エネルギー不足の体には今こそカロリーが必要です」と主張する。血糖値を安定させ、ひどい疲労と空腹感を防ぐには、ワークアウト後はできるだけ早く、遅くても30分以内に食べること。ちょうど食事の時間なら、それが朝食でも昼食でも夕食でも、400~500キロカロリーを目安に摂取して。食間なら、タンパク質と複合糖質をミックスした200~300キロカロリーのスナックを。低脂肪のヨーグルトにナッツやフルーツを乗せるか、トルティーヤにスクランブルエッグを包むのがオススメ。

いくらでも食べていいと思っている

ハードなランニングで大量のカロリーを燃やしてきたから、ガッツリ食べて燃料補給すればいいよね? それは間違い。これまでの研究結果を見る限り、私たちの大半は、ワークアウトで消費するカロリーを過剰に見積もっている。走りながら何千ものカロリーを燃やしたような気がしても、たぶん実際はほんの少し。クラークが言うように、この罠にはまったら、消費した量以上のカロリーを摂取することになる。

水分補給にスポーツドリンクを飲んでいる

超ハードなトレーニングをするトップアスリートなら、糖の形でエネルギーを供給し、電解質(汗となって消えた筋肉増強ミネラル)を補充するスポーツドリンクを飲む意味もあるかもしれない。クラークいわく、そうでないなら普通の水を飲むのがベスト。「喉の渇きをガイドラインにしてください。喉が渇いたと思ったら、必要なだけ水を飲めばいいのです。決まった量を無理に飲む必要はありません」。水分補給の必要性を判断するには、尿チェックも有効な手段。クラークによると、トイレに行く頻度が数時間おきで、尿の色が薄い黄色なら、あなたの体は十分潤っている。

1/2ページ

最終更新:6/26(水) 7:02
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事