ここから本文です

【ボクシング】井上尚弥、5本のベルトをお披露目 「歴史を感じるけれど、満足はしません」

6/26(水) 6:03配信

ベースボール・マガジン社WEB

 WBA・IBF世界バンタム級チャンピオン井上尚弥(26歳=大橋)が25日、これまで獲得してきた世界タイトル4団体のベルト、そして新たに贈られた栄誉あるリング誌ベルトをお披露目。すでに決定しているWBSS(ワールドボクシング・スーパーシリーズ)決勝戦、WBA同級スーパーチャンピオン、ノニト・ドネア(36歳=フィリピン)戦に向けての本格的な練習もスタートさせた。

【この記事の写真】ノニト・ドネア戦に向けての本格的な練習もスタートさせた井上尚弥

 5月18日、イギリス・グラスゴーで、またしても衝撃的な2回KO。IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26歳=プエルトリコ)を撃墜し、主要4団体の世界タイトルをすべて獲得し、世界的権威のあるリング・マガジンのベルトをも贈られた。

 2014年4月6日、6戦目でWBC世界ライトフライ級王者アドリアン・エルナンデス(メキシコ)を6回TKO。同年12月30日に、フライ級を飛び越して8戦目でWBO世界スーパーフライ級王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)を2回KO。2018年5月25日に16戦目でWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(イギリス)を初回TKO。

「すべてチャンピオンに挑戦して、全部KOで勝っている」と大橋秀行会長が胸を張るとおり、文句のつけようがない見事な4団体制覇だ。井上自身も、「ベルトをこうして並べたのは今日が初めて。やってきた歴史を感じるし、どのベルトにも思い入れがあります」と、一つひとつをしみじみと見つめた。

 補足すると、4戦目の日本タイトル獲得(2013年8月25日、対田口良一=ワタナベ、10回判定勝ち)、5戦目のOPBF東洋太平洋獲得(2013年12月6日、対ヘルソン・マンシオ=フィリピン、5回TKO勝ち)も含めれば、完璧なベルトコンプリート。「WBOアジアパシフィックと日本ユースを獲ってない」と井上尚弥、大橋会長ともにそろっておどけたが、いずれも彼が世界王者になって以降にJBC(日本ボクシングコミッション)が承認したもの。獲る必要がないのは、言うまでもなかろう。

 だが、決して彼はベルトコレクターではない。純粋に、「強いと言われている選手と戦い、そして勝つ」、それがすべて。その結果として、ベルトが付いてくる。そういうスタンスだ。

「自分の強さにまだ満足していない。自分自身、どこまでいくんだろうという楽しみがある。ボクシングは、いい結果を出してもまたその次に強敵が現れる。その強敵に対して、どう勝つかというのは格闘技じゃないと味わえない戦い。強敵に向かって準備して戦う、というのがモチベーション」

 次の相手は、フライ級からフェザー級まで世界5階級制覇を成し遂げているスーパースター、ドネアだ。いまはドネアに勝つこと、その1点のみに集中する。彼に勝てば、WBSS優勝の称号、アリ・トロフィー、そしてWBAスーパーチャンピオンと、栄冠は勝手についてくる。

1/2ページ

最終更新:6/26(水) 6:03
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事