ここから本文です

トヨタ・スープラは1日にしてならず! 意外と知らない5世代の歴史とは

6/26(水) 11:41配信

WEB CARTOP

そもそもの成り立ちはセリカの上級車種

 ついに17年振りの復活を遂げたトヨタ スープラ。正式発表前に6気筒モデルが完売するという自体が話題になったことも記憶に新しいところだ。そんなスープラは日本国内では3世代目となるが、北米市場では5世代目となる。

復活させたらスープラよりもヒットしそうなクルマ5選!

 もはや詳しい説明は不要かもしれないが、日本国内では「セリカXX」の名前で販売されていたモデルを、北米で販売するにあたって「XX」という文字列があまり良い意味を持たないということで「スープラ」という名前が使われたというわけだ。

 今回は、そんなスープラの前身となるセリカXXも含め、歴代モデルを今一度振り返ってみよう。

初代 セリカXX(1978年~)

 そもそもセリカXXは、トヨタのスペシャリティクーペであるセリカの上級車種として誕生したものだった。

 どちらかというと当初から北米市場を見据えたモデルであり、ライバルは日産フェアレディZ。そのため、搭載するエンジンを6気筒とし、スポーツカーというよりはラグジュアリーなGTカーという性格を持っていたモデルだった。

2代目 セリカXX(1981年~)

 1981年に2代目となったセリカXXは、ラグジュアリーという部分は5カ月先にデビューしていたソアラに任せ、よりスポーティなモデルへと変貌を遂げた。リトラクタブルヘッドライトを採用した低いノーズに憧れた人も少なくないだろう。

 北米仕様のスープラはドアミラー(セリカXXも83年に法改正によってドアミラー可された)と大型オーバーフェンダーを備え、よりスポーティなエクステリアとなっている。

初代 スープラ(1986年~)

 日本国内でも「スープラ」の名前となったこのモデルは、当初は5ナンバーボディのみの展開だったが、87年のマイナーチェンジで輸出仕様に設定されていたワイドボディが追加されている。

 当時の輸入スポーツカーと対等の実力を持つように開発されたモデルだけに細かな改良が続けられ、モデル末期には当時の自主規制値となる280馬力を発生する2.5リッターツインターボの1JZ-GTE型エンジンが搭載された。

1/2ページ

最終更新:6/26(水) 11:41
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事