ここから本文です

Amazonで商品をランク付けする「星」の仕組みは、かくも難解だった

6/26(水) 12:17配信

WIRED.jp

オンラインショッピングは見かけ通りにいかないことは、不思議でもなんでもない。すでに知っている製品でない限り、ショッピングには常にギャンブルの要素がつきまとうのだ。この布地はどんな手触りか、このクリームを使って発疹ができないか。そういうことは、画面で見ただけではわかるはずがない。

Amazonのアルゴリズムは、こうして「ディストピアな書店」をつくりだす

そこで買い物客は決断する前に、その製品を買ったことがある人たちにしばしば頼ることになる。つまり、レヴューを読むわけだ。

多くのネット通販サイトでは、買い物客は1つから5つまでの星のマークで商品をランク付けする。Amazonも同じだ。星の数は、ある商品について人々がどう感じたかをひと目でわかるように示す重要な目安になる。また、現代社会に溢れているとんでもない数の選択肢をフィルターにかけてランク付け、管理するための便利な方法としても役立っている。

星がなかったら、4万点を超えるシャワーカーテンの選択肢からどれを買うべきか、決める方法があるだろうか? 星の数が多いというのは、クラウドソーシングによる承認を受けているということなのだ。アマゾンは、4つ以上の星を獲得した商品だけを販売する実店舗をオープンさせたほどである。

しかし、Amazonで輝くこの黄色い小さな星マークは、見かけほどそう単純ではない。ある商品の評価が4.7で、別の商品が4.8というのは、そもそもどうしてなのだろう? そう質問されたあなたの答えは想像がつく。「そりゃ、平均値に決まってる。星の数の合計をレヴューの件数で割るだけだ。単純な算数だよ!」

ところが読者の皆さん、そうではないのだ。星の数はある商品についての「平均的なカスタマーのレヴュー」を反映しているとアマゾンは主張するが、その背後にある計算式はもっと複雑で、謎に満ちている。

5つ星が増えても平均の星の数は減るミステリー

アマゾンは2015年から、特許を取得した機械学習モデルを使って、星の数を加重平均でみるようになった。平均を算出する際に、実際の評価よりも高い数値で数えられるレヴューと、そうでないレヴューがあるということだ。

レヴューがどのくらい新しいか、「実際に購入が確認された」(レヴューの書き手が「素晴らしい」とか「全然ダメ」と言っている商品を本当に買ったかアマゾンが確認できた)顧客によって書かれたかといった要素を踏まえて、加重する。

アマゾンは、レヴューを書いた人が保有するアカウントの利用年数や、普段どんな星の数を付けているかなどを考慮しているのだろう。Amazonで商品を販売し、同社に関するブログも書いているデイヴィッド・ブライアントは、そう考えている。「否定的なレヴューを残した回数があまりに多いレヴュアーについては、配慮しているように見えます」

こうした新しいシステムは、購入する側にとってはおおむねよい取り組みだ。3年前に付けられた星5個は、つい先週付けられた星3個ほど有効とは言えないだろう。しかし、そこにはまた新たなアルゴリズムの秘密があることを考えれば、ネット通販サイトを利用するサードパーティーの販売者にとってはもどかしいところだ。

Amazonで販売する人たちのフォーラムは、自社の商品がランク付けされるこの難解な仕組みを、どうにか理解したいと切望する人たちで溢れている。「星5個のレヴューが1つ増えたのに、平均値が星1つぶん落ちたのは、なぜ?」と、ある書き込みは問いかけていた。

1/3ページ

最終更新:6/26(水) 12:17
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ