ここから本文です

【K-1】魔裟斗の最注目選手は武居由樹「まるで鉄球のような重みのあるパンチでした」

6/26(水) 16:37配信

ゴング格闘技

2019年6月30日(日)東京・両国国技館『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~』のスペシャルゲスト解説(AbemaTVにて生中継)を務める魔裟斗が、今大会の見どころを語った。

【写真】魔裟斗が「鉄球のような」と評した武居のパンチ

「令和元年初の『K-1 WORLD GP』では、スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメントが開催されます。K-1のなかで最軽量級となりますが、好選手たちが揃って、KOが多く、なおかつスピード溢れる試合が期待できますね。トーナメント出場選手の最注目は、やはり現チャンピオンの武居由樹選手でしょう。抜群の攻撃力で、70%を超えるKO率をマークしていることは脅威の一言です。先日、初めて武居選手のミットを持たせてもらいましたが、まるで鉄球のような重みのあるパンチでした。今回は、トーナメント一回戦のアレックス・リーバス戦が事実上の決勝戦と言えるのではないかと思います」と、優勝候補筆頭であるK-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者・武居由樹(POWER OF DREAM)を注目選手としてあげる。

 続いて「スーパー・ライト級タイトルマッチでは、全盛期からやや陰りが出たものの、そのテクニックは健在のゲーオ・ウィラサクレック選手に、いま同階級で最も勢いのある安保瑠輝也選手がチャレンジします。これはとても楽しみなカードです。また、スーパーファイトでは木村“フィリップ”ミノル選手、村越優汰選手の戦いに注目しています」と、タイトルマッチとスーパーファイトに出場する2選手の名前をあげた。木村はIWKBFムエタイルールオーストラリア王者クルーズ・ブリッグス(オーストラリア)と、村越はフォー・シャオロン(中国/中国刑天舞威クラブ/CFP)と対戦する。

 そして「令和初の今大会で誰が輝き、これからのK-1でスターとなっていくのか、ファンの皆さんもどうぞご期待ください」と、令和時代を迎えたK-1にも期待してほしいと締めくくった。

 など、同大会はインターネットテレビ局AbemaTVの「格闘チャンネル」にて14:00~21:30に生放送されるほか、「格闘チャンネル2」では裏側密着特別番組も生放送される。

最終更新:6/26(水) 16:37
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年5月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】世界を揺らせ&平成格闘技を総括
■堀口恭司×朝倉未来スパーリング対談
■武尊×不可思が盟友対談
■誰も知らない那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事