ここから本文です

体の大きな人は、太っていなくても汗をかく?

6/26(水) 23:10配信

ライフハッカー[日本版]

太っている体形の人は、すらりとした体形のアスリートよりも汗をたくさんかいているように見えます。しかし、それは体脂肪が多いからではありません。新しく報告された研究結果は、これまでいろいろと考えられてきた「なぜ体重を落とすことが汗の量に影響を与えないのか」ということについて、このように説明しています。かく汗の総量は、体がどれだけの熱を発生させるかによります。なぜなら、汗をかくのは体温を下げるためだからです。体の大きさは、そのため重要な要素となり、体が大きければ大きいほど、仕事量も増え、発生する熱も多くなります。

【画像】体の大きな人は、太っていなくても汗をかく?

つい最近までは、体脂肪が多いほうが体温を保てる(熱をもつ)と考えられていました。しかし、学術誌の『Journal of Applied Physiology』に掲載された論文では、人が汗をかく要因の中で、脂肪が左右する割合はわずか1.3%であったと報告されています。

つまり、脂肪を落として筋肉をつけても、脂肪を落とす前と体の大きさがあまり変わらないなら、かく汗の量もあまり変わらないということになります。もし、脂肪を筋肉に置き換えることなく、ただ落としただけなら、もちろん汗の量は減少します。それは、あなたの体が小さくなり、体を支える重量が減ったということです。

Beth Skwarecki(原文/訳:コニャック)

Photo by Shutterstock.

最終更新:6/26(水) 23:10
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ