ここから本文です

【イノベーション】シュートボクシングと3対3対抗戦、大将戦には極真世界王者・与座優貴が登場

6/26(水) 17:56配信

ゴング格闘技

2019年7月15日(月・祝)東京・新宿FACEで開催されるJAPAN KICKBOXING INNOVATION主催『Join Forces-14』の全対戦カードが発表された。

【写真】イノベーションvsシュートボクシング対抗戦に臨む6選手

 立ち技格闘技界の交流が活発化して各大会で団体対抗戦が行われているが、今大会でも「INNOVATION×シュートボクシング3対3対抗戦」が決定。

 大将戦では極真会館2017全世界ウェイト制軽量級優勝・与座優貴(橋本道場)が、SB日本スーパーライト級7位イモト・ボルケーノ(グラップリングシュートボクサーズ/シュートボクシング協会)を迎え撃つ。

 与座は2016年極真会館第33回全日本ウェイト制空手道選手権大会軽量級を18歳で制し、2017年には軽量級世界王者に。2018年4月の第35回全日本ウェイト制選手権では中量級に階級を上げて準優勝するなどトップ選手として活躍していたが、今年3月にキックボクシングに転向。イノベーションで2連続KO勝利を飾り、REBELSでの3戦目も勝利して3戦全勝2KOの快進撃。また、8月18日(日)東京・大田区総合体育館で開催されるKNOCK OUT『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』にも参戦が決まっており、月イチのハイペースで試合経験を積んでいる。

 対するイモトはSB愛知の新鋭で戦績は4勝(1KO)6敗。激しい試合を持ち味としており、「強者と試合させてもらえて幸せものだぜぃ。なんとシュートボクシング対抗戦の大将を任せてもらいました。まあ気にせず自分の試合をするだけです」と、SNSにて自分のスタイルを貫くとコメントしている。与座も「大将戦に抜擢されました。期待以上の試合内容で勝ちます」と意気込んでおり、好試合が期待される。

 中堅戦では4勝全勝3KOのINNOVATIONライト級9位“マザコンふぁいたー”紀州のマルちゃん(武勇会)とSB日本ライト級3位・土佐丸(シュートボクシング摂津富田ジム)がランカー対決。先鋒戦では遊羅(マイウェイスピリッツ)vs翔汰(Sublime guys/シュートボクシング協会)が行われる。

 また、アマチュアでなんと28冠王を達成した“平成最後の怪物”こと花岡竜(橋本道場)が、プロデビュー2戦目にしてINNOVATIONフライ級7位・平松侑(岡山ジム)とランキング査定マッチを行う。

最終更新:6/26(水) 17:56
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ