ここから本文です

【日米対抗ソフトボール】第3戦は1対0でアメリカにサヨナラ勝ち

6/26(水) 19:17配信

ベースボール・マガジン社WEB

 6月22日(土)、23日(日)、25日(火)に宮城・シェルコムせんだい、東京・東京ドームにて開催された『日米対抗ソフトボール2019』。第3戦は1対0でアメリカにサヨナラ勝ちを収め、通算成績2勝1敗で勝ち越しに成功した。

■第3戦
アメリカ 00000000|0
日  本 00000000X|1
【ア】モニカ・アボット、ケイラニ・リケッツ、アリー・カルダ、●キャット・オスターマン-オーブリー・ムンロ
【日】〇藤田倭-我妻悠香

藤田が11奪三振で完投

 藤田倭が2安打11奪三振の活躍で、日本を勝利へと導いた。2回までに5個の三振を奪うと、3回こそ一番のヘイリー・マクレニーに内野安打、二番のジェニー・リードに左前打を許したが、それ以降はコースを丁寧に突いて、安打を許さなかった。

 日本打線も、モニカ・アボット、ケイラニ・リケッツ、アリー・カルダ、キャット・オスターマンらアメリカ投手陣の好投に苦しめられたが、0対0で迎えた8回裏、九番・市口侑果の三塁ゴロでタイブレーカー走者を三塁に進め、一番・森さやかのエンドランでサヨナラ勝ちを収めた。

 東京ドームを沸かせた劇的な勝利から一夜明け、チームはアメリカ遠征へと出発。7月1日(月)から7日(日)までアメリカ・ジョージア州コロンバスで開催される『USAインターナショナルカップ 』に出場する。

 試合の詳細は、7月24日(水)発売のソフトボール・マガジン9月号に掲載予定。また、日米対抗の大会概要、市口侑果選手、尾崎望良選手のインタビューを掲載しているソフトボール・マガジン7月号は、現在発売中です。

最終更新:6/26(水) 19:17
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事