ここから本文です

『ハイスペック男性との結婚に向いている人!』萩中ユウ

6/26(水) 21:40配信

with online

実際にハイスぺ婚をした経験談

私の恋愛塾に通ってくれている受講生たちは、書籍やブログから私の恋愛論に共感してくれて『尽くさず男性から溺愛されたい』『男性にワガママを聞いてもらいながら愛されたい』という方が多いのです。

実は、こういった女性はハイスペック男性との恋愛に向いている女性ではありません! よく考えてみて欲しいのですが……大きなお金を稼ぎ出すハイスペック男性は、責任のある仕事を持ち、そこにやり甲斐を感じながら働く人がほとんどです。忙しそうに、そして楽しそうに働く彼は、あなたの欲張りな望みを叶えてくれるパートナーでしょうか? 実際にハイスぺ婚をした女性の経験談をお伝えしましょう。

某有名商社に勤める高学歴、高身長、高収入の男性と結婚をしたAさんがいます。彼は結婚後見事に出世コースに乗り、世界を飛び回りながら働いています。そんな男性と結婚できたAさんはさぞ幸せを噛みしめているかと思いきや……私に会うなりこう言いました。「ユウさん、今私は幸せを感じられていません(涙)」

聞いてみると、彼の仕事が忙しく、一緒に過ごす時間が全く取れないそう。メールの返信もなく、毎晩遅くまで働き、食事を作って待っていても家に帰ると疲れてすぐに寝てしまう日々。せっかくの素敵なお家も、彼が海外出張中はずっと一人で過ごしているというのです。彼女の夢は、「優しいハイスぺ男性と一緒に子育てをして幸せに暮らすこと」でした。現在まだAさんは出産していませんが、このままでは子育てはワンオペになる可能性が高そうです。

Aさんは「子供が欲しい、ということすら簡単に口にできない状況です。忙しい彼の状況がかわるからこそ、仕事に理解のない妻だと思われそうで……」と悲しそうに続けるのです。

ハイスぺ婚に向いている女性

以前、とても稼いでいる経営者の奥様とお話をさせていただいたことがあります。その方は旦那様が外でどんなに女遊びをしても、あまり家に帰ってこなくても、気にせずどっしり構えていられるタイプでした。旦那様が稼ぎ出す圧倒的な財力で贅沢な生活が送れていることに満足し、とても感謝をしていました。その方を見ていると、結婚に対する『目的意識』をしっかりと持つことがいかに大切かということを改めて思い知らされました。

先ほどのAさんの場合、「豊かな経済力」「一緒に過ごす時間」「私のわがままを聞いてくれる器」「子育てを一緒に楽しんでくれる余裕」これら全てを一気に求めたことで、本当に自分にとって大切なものを見失っている状態です。

「豊かな経済力」に心から満足し、そんな状態をつくってくれる彼に感謝できる女性は、彼が忙しく働くことを自分ごとのように嬉しく誇らしく思えるはず。心のどこかで彼の仕事とライバルになってしまう女性は、「自分に使ってくれるお金」よりも「自分に使ってくれる時間や労力」を求めているということです。

2/3ページ

最終更新:6/26(水) 21:40
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事