ここから本文です

【LEGEND】北野克樹が蹴り技でマサ佐藤のパンチを封じてインターコンチネンタル王座を獲得

6/26(水) 22:12配信

ゴング格闘技

「火の国格闘伝説 LEGEND 9」
2019年6月19日(水)熊本・ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ

【写真】北野の後ろ蹴り

▼メインイベント 第8試合 ICO認定インターコンチネンタルスーパーライト級王座決定戦 3分3R延長2R
〇北野克樹(NJKF・誠至会/2018LEGENDトーナメント優勝、WBCムエタイ日本統一スーパーライト級王者)
判定3-0 ※30-29、30-27、30-27
×マサ佐藤(名護ムエタイスクール/2017LEGENDトーナメント優勝、英雄伝説64kg級全アジア王者)
※北野が新王者に

 今回で9回目となるLEGENDのメインイベントでは、ICO(International Chakuriki Organization)認定王座決定戦が行われ、北野と佐藤が激突。北野は昨年6月のLEGEND 63kgの1DAYトーナメントでは決勝戦でPhoenixx祥梧(=栗秋祥梧)を1RKOで破って優勝。一方、沖縄を主戦場にする佐藤は、2017年のLEGEND 63kgトーナメントでダルビッシュ黒木を破って優勝を果たした。2017年、2018年のLEGENDで主役であった両雄が遂に激突。ベルトを巻くのはどちらか。

 1R、佐藤は開始と同時に接近戦を仕掛けて佐藤の蹴り技封じに出る。左ボディブローを強打させたものの、北野は三日月蹴り、後ろ蹴り、ハイキックと多彩な足技をヒットさせて優勢を印象付ける。終盤にはテンカオを突き刺して佐藤を下がらせた。

 2Rも、佐藤は接近戦を仕掛けて左ボディブローから顔面へとパンチを散らすが、北野は下がりながらも左ミドルを的確に当てていく。左ハイ、顔面前蹴りで佐藤は顔をのけ反る場面も。

 3R、被弾しながらも佐藤は同じく前に出続けると、疲れを見せ始めた北野が組み付く展開に。佐藤も組み付いてしまい、何度もレフェリーからアグレッシブに攻めるよう両者に注意が入る。パンチ勝負の佐藤に、北野は前蹴り、ミドルで突き放して最後まで決定打を許さず試合終了。

 フルマークの判定勝ちを収め、ベルトを巻いた北野は「何度か手応えのあったハイキックを入れたのですが、佐藤選手はビックリするぐらいタフで強かったです。このベルトの価値をもっと上げていけるように強くなるので応援よろしくお願いします」とマイクアピールした。

最終更新:6/26(水) 22:12
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事