ここから本文です

元嫁の腐乱遺体と約半年暮らした、元夫と同居女性の「裏切り33年愛」

6/26(水) 5:00配信

週刊女性PRIME

「6月16日午前11時10分ごろ、須磨警察署に“1週間ぐらい前からゴミのにおいでもない、嗅いだことのないような異臭がする。夫婦が住んでいるはずだが、昨年12月ごろから奥さんの姿を見ていない”と、同じ市営住宅の住人から安否確認の通報がありました」(捜査関係者)

【写真】現場となった市営住宅、容疑者宅の玄関

最後に会ったのは去年

 疑わしいと通報されたのは神戸市須磨区にある市営住宅の一室。警察官が訪問したが、家の中からは応答がない。やむなく管理会社立ち会いのもと鍵を開けて中に入ったところ、室内からは鼻をつく強烈な異臭が。しかも、キッチンテーブルには男女が座っていた。

─ここの住人か?

「そうです」

─(女に)奥さんですか?

「同居人です」

─(男に)奥さんは?

「妻は昨年末に離婚し、家を出て行った。今はどこにいるのか知らん」

─このにおいは何か?

「そう尋ねたところ男が黙って押し入れを指さしたので、警察官が開けると、押し入れの下段にシーツのような布に巻かれた女性の遺体を発見しました」(同捜査関係者)

 兵庫県警須磨署は6月17日、無職・津田信明容疑者(49)と、同居する交際相手の無職・岩本真由美容疑者(51)を死体遺棄の疑いで、逮捕した。

 遺体は死後数か月が経過。腐敗が進み、死因の特定ができなかった。警察はDNA鑑定により身元を特定。遺体は津田容疑者の元妻の川越博美さん(49)と判明した。

 津田容疑者と川越さんは、2014年12月に離婚していたが、その後も同居を続け、周囲は夫婦と認識していた。

 同じ階に住む60代男性は、

「旦那さんと話したことはないんですが、奥さんは明るくて非常にいい人でした。自治会の掃除にもちゃんと出ていましたし、あいさつもしてくれる。でも、昨年の12月から見てなかったんです……」

 同じ階の70代の女性も、

「言われてみれば、今年は会ってないですね。最後に会ったのは去年やったかなぁ……」

 と記憶をたどりながら、

「奥さんは愛嬌がある人やった。いつも赤いジャージ着てな。小柄でぽっちゃりしていて明るい人でしたよ。一昨年は自治会役員をやってくれました。家庭のことはほとんど話さんかったけど、1度だけ“子どもさんは?”と聞くと“うち、いてないねん”と話していました。まさか事件に巻き込まれていたなんて」

1/3ページ

最終更新:6/26(水) 5:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」7/30号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ