ここから本文です

【エクアドル戦検証】"謎の停滞"で失われた20分…単調さと対応の遅れがGS敗退を招いた一因に

6/26(水) 5:56配信

SOCCER DIGEST Web

日本に改善が見られたのは、上田が投入される少し前だった

“謎の停滞”の正体は、エクアドルが効果的な修正を施したこと。そして、それに気づかず、日本がワンパターンで場にそぐわない試合運びをしてしまったこと。このふたつに尽きる。
 
 日本に改善が見られたのは、上田が投入される少し前だ。負傷した柴崎がピッチに戻った頃、彼と板倉を経由したパスワークが、少しずつ機能するようになった。それに伴い、中に寄り過ぎた中島らも、サイドに開くようにポジションを修正している。このような適応が見られた後、上田は投入された。

 日本が決めるところを決めれば、勝っていた試合。それは間違いない。だが、その一方、タイムアップの笛を聞いた瞬間、「……あと10分あれば!!」と悔しい思いで、目の前の机を叩いた人も少なくないのではないか。
 
 その10分。“謎の停滞”を減らせば、作ることはできる。さらに強く、したたかなチームになるために。
 
取材・文●清水英斗(サッカーライター)

3/3ページ

最終更新:6/26(水) 5:57
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事