ここから本文です

なでしこ、欧州女王オランダに1-2で苦杯… 再三の決定機を逸し3大会連続の8強進出ならず

6/26(水) 5:56配信

SOCCER DIGEST Web

前後半ともに序盤はオランダに押されるものの…

 女子ワールドカップ・決勝トーナメント1回戦で“なでしこジャパン”こと日本は6月26日(日本時間)、フランス・レンヌのロアゾン・パルクでオランダと対戦し、日本は1対2で敗れた。

岩渕真奈、熊谷紗希、清水梨紗、長谷川唯…お茶目でラブリーな「なでしこジャパン」の素顔が見えるFIFA公式ポートレートはこちら!

 2大会連続でファイナルに進出しているなでしこジャパン。オランダは前回大会のラウンドオブ16でも対戦し、2対1で勝利している相手だが、立ち上がりからフィジカルの差で上回るオランダが前線の3トップを軸に押し込む。17分にはCKからマルテンスに押し込まれ、日本は先制を許してしまう。

 しかし、押し込まれながらも相手のプレスをかいくぐり、チャンスも徐々に生まれ始める。20分には、前線の連係から菅澤優衣香が倒れ込みながらシュートを放つが、右ポストを直撃してゴールならず。

 それでも日本は43分、左サイドから打開し、中央でボールを保持した岩渕真奈からスペースへのスルーパス。これに反応した長谷川唯がワンタッチでゴールに押し込み、日本が同点に追いついた。

 1-1の同点で迎えた後半も、立ち上がりはオランダが攻勢に出る。前線のミーデマやファン・デサンデンが日本ゴールに襲い掛かる。しかし日本も、熊谷紗希を中心とする守備陣が粘り強く凌ぎ、勝ち越しゴールを許さない。

 すると日本は65分過ぎから、徐々に相手のプレスの網をかいくぐってチャンスを量産。76分に右サイドを抜け出した岩渕がシュートを放つも、これは枠を捉え切れず。さらに79分には杉田妃和がクロスバー直撃のシュートを放てば、82分にも後方から飛び出した三浦成美がフリーで狙うが、またも枠を捉えず。

 再三の決定機を逸し続けた日本は87分に、ゴール前のシュートブロックに入った熊谷がハンドのファウルをとられ、PKを献上してしまう。これをマルテンスに決められ、オランダがリードする。

 試合はこのまま2対1でタイムアップ。日本は3大会連続のベスト8進出を逃し、大会から姿を消すこととなった。

最終更新:6/26(水) 6:19
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事