ここから本文です

判定に不満爆発 選手総出の“座り込み抗議&敗退”に海外衝撃「こんなの見た事ある?」

6/26(水) 14:03配信

THE ANSWER

アルゼンチン2部昇格POで珍事、判定に不満の選手たちが前代未聞の行動に…

 海外サッカーで判定に不満を持ち、選手たちが総出で座って試合を中断し、そのまま敗れるという前代未聞の珍事が発生。ピッチ上で起きた“座り込み抗議”の瞬間を海外メディアが動画付きで公開し、「こんなの見たことある?」と衝撃を受けている。

【動画】「こんなの見たことある?」と海外衝撃! ピッチ上で選手も控えも腰を下ろし、異様な光景が…アルゼンチンで起きた“座り込み抗議”の実際の瞬間

 前代未聞の珍事が起きたのは地球の真裏、南米。24日に行われたアルゼンチンの2部昇格をかけたプレーオフだった。両チームの選手が散らばっているが、緑のユニホームのサンホルヘの選手たちが散り散りに座り込み、動こうとしない。時計の針は進んでいるが、体育座りだったり、足を伸ばしたりしている。騒然とした空気がスタジアムに充満しているが、それでもお構いなしだ。

 控え選手とみられるメンバーもピッチ内に入って同様に座り込んでいる。関係者が入って各選手のもとに歩み寄るが、それに応えようとしない。相手選手たちもどうすることもできない。英衛星放送「スカイスポーツ」公式インスタグラムは「こんなの見たことある? アルゼンチンの昇格プレーオフで風変りな座り込み抗議!」と動画付きで公開しているが、なぜこんなことが……。

 英紙「デイリーメール」によると、サンホルヘの選手が前半で2人退場。この判定に怒った選手たちが座り込みで意思を示したのだという。記事では「粗末な判定だと考える彼らの抗議では、一人ずつ芝生に座り込み、動くことを拒否した」と記述。しかも驚くことに、試合は10分間の遅延後に中断、結局1-0でリードしていたアルバラードの勝利となり、2部昇格を掴んだのだという。

 映像を公開したスカイスポーツの投稿には「これぞまさにカメルーン女子チームがすべきだったこと」「彼らは間違いなく女子ワールドカップを観ていたな」などと女子W杯で判定が話題を呼んだカメルーン代表になぞらえるファンの声も上がっていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:46
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事