ここから本文です

配当利回り4%以上で、アナリストが“買い”と評価する「高配当株」2銘柄を紹介! 下値余地が小さい「日本精工」、3期連続最高益更新中の「伊藤忠商事」に注目

6/26(水) 21:20配信

ダイヤモンド・ザイ

 配当が安定しており、今後も恩恵が期待できる「高配当株」2銘柄を紹介!  配当利回りが高い銘柄の中でも、株主還元に積極的で、今後も減配リスクが少なそうな「高配当株」をアナリストが厳選した! 

【詳細画像または表】

 発売中のダイヤモンド・ザイ8月号は、恒例の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定!  人気の株500【激辛診断】」の2019年・夏版を掲載!  日本株で注目度の高い人気500銘柄を、アナリストなどの投資のプロが、さまざまな視点から厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価している。

 特集内では、「10万円株」「高配当株」「株主優待株」「Jリート」などのカテゴリー別に注目銘柄を取り上げている。ここでは「高配当株」のカテゴリーから、アナリストが「買い」と投資予想する2銘柄を紹介しよう! 
【※関連記事はこちら! 】
⇒2019年・夏の「おすすめのテーマ株」21銘柄を紹介! 「新インバウンド株」「IT&AI関連株」「逆風に強い増収増益株」の“儲かる3大テーマ株”に注目しよう! 

省人化投資や電気自動車の恩恵が続きそうな「日本精工」、
実質的に最高益を維持する「伊藤忠商事」に注目! 
 企業が得た利益の一部を株主に還元する「配当」。「1年間にもらえる1株あたりの配当額」を「買った時の株価」で割って算出するのが「配当利回り」だ。配当利回りは、配当額が上がったり、分母である株価が下がったりするとアップする。最近の軟調な株式相場の影響もあり、配当利回りは上昇傾向にあるといえる。

 発売中のダイヤモンド・ザイ8月号では、配当利回りが3.2%以上の「高配当株」のうち、アナリストがおすすめする7銘柄をピックアップしている。今回はその中から、「買い」と評価された2銘柄を抜粋してみよう! (※銘柄診断は、アナリストなど専門家20名で構成された「ダイヤモンド・ザイ「人気500銘柄分析チーム」が担当。株価などのデータは2019年6月4日時点)

 最初に、ベアリング大手で今後の成長期待が高い「日本精工(6471)」。

 「日本精工」の株価は、2019年4月まで堅調に上昇したが5月に急落。欧州の排ガス規制や米中貿易摩擦で前期は下期に失速し、営業益は2割弱の減益に終わった。今期も産業機械が上期に急失速する見込みで、今期予想は2割の営業減益。ただし、業績の厳しさは、2018年の高値から株価が半値以下になったことで織り込み済みで、下値余地は非常に小さい。

 省人化投資やEV(電気自動車)化の恩恵が長期で期待できる点や、配当方針からも減配リスクが低いことから、アナリストは今後3カ月の投資判断を「買い」と高評価している。

 次に、非エネルギー分野に強い総合商社の「伊藤忠商事(8001)」。

 「伊藤忠商事」は、2019年3月期まで3期連続で純利益は過去最高となった。今期の純利益は前期比で横ばいの計画だが、リスク対策費用300億円が含まれており実質的には増益を維持する。繊維・食品が伸び、さらにTOB(株式公開買付け)でスポーツ衣料大手の「デサント(8114)」が実質的に傘下に入った。配当は2円増配の方針で、「4.46%」の高い配当利回りが株価を下支えしている。PERも割安で18年の上場来高値「2302.5円」は通過点の可能性が高い。

 これまで株主還元を重視して増配を続けてきた企業は、今後の減配リスクも低く、安定した配当を期待できるが、より安心して高配当を受け取りたいなら、取得後にも業績や財務のチェックは欠をかさないようにしよう。
【※関連記事はこちら! 】
⇒投資額5万円⇒資産1億円を達成した投資家が実践する「高配当株の売買術」を紹介!  49年もの時間をかけて“億り人”になった投資家の「3つの勝ちワザ」を紹介! 

「成長の秘密と底値の拾い方を図解!  10倍株の見つけ方」
ダイヤモンド・ザイ8月号の特集を見逃すな! 
 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ8月号の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定!  人気の株500【激辛診断】」の2019年・夏版から、「高配当株」の注目銘柄を2つ抜粋した。誌面では、ほかに5つの注目すべき「高配当株」を取り上げている。また、「10万円株」「株主優待株」「大型株」「新興株」のジャンルでも、「買い」「強気」の銘柄を公開しているので、誌面も併せてチェックしてみてほしい。

 なお、ダイヤモンド・ザイ8月号の大特集は「成長の秘密と底値の拾い方を図解!  10倍株の見つけ方」。一時的な急騰ではなく、じっくり大きく成長していきそうな有望株を、アナリストに54銘柄厳選してもらっている。

 ほかにも「世界を変える米国株ネクスト10」「4大投信アワードから厳選!  好成績投信ZAiアワード」「外貨両替の新常識!  節約するなら手数料格安のデビットカードかFXで! 」など、お得な情報が盛りだくさん。

 また、別冊付録は「おかねが毎月届く教科書」「上場全3736銘柄の理論株価 ─ 儲かる3大ランキング付き」の豪華二本立て。老後資金が不安で、年金の不足分を補う収入を増やしたい人、あの株主優待名人・桐谷さんも愛用している理論株価の最新版をチェックしたい人におすすめだ。

 ダイヤモンド・ザイ8月号は、全国の書店や楽天ブックス・Amazonで好評発売中! 

ザイ編集部

最終更新:6/26(水) 22:40
ダイヤモンド・ザイ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

9月号:7月20日

定価730円(税込)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ