ここから本文です

日本の貧困問題、本当に「自分はまだ大丈夫」か

6/26(水) 5:40配信

東洋経済オンライン

作家やテレビのコメンテーターとして活躍している室井佑月氏は、日本社会に広がる貧困問題について関心を寄せない人が多いことに疑問を投げかけ、困窮する子どもや女性を救うためのトークイベント『女は死なない 大した話じゃないけれど vol.2』を行って収益を支援団体に寄付するなど、精力的に行動している。

この記事の写真を見る

自身もシングルマザーとして子どもを育てている室井佑月氏と、いま雑誌や新聞で紹介され話題の『東京貧困女子。』の著者・中村淳彦氏に、貧困に喘ぐ女性の現状と対策について語ってもらった。

■手を差し伸べる世の中をつくっていくべき

 中村淳彦(以下、中村):現在、女性の貧困は単身女性の3人に1人、1人親だと半数以上が貧困という状態です。貧困は本当に一般化してしまって、苦しんでいる人はどこにもいます。でも、汚い服装をしているわけでないし、見た目にはわからない。なので、「日本に貧困なんてないでしょう」なんて人もたくさん。そんな中、室井さんは「貧困問題をなんとかしよう!」と訴えてくれています。

 室井佑月(以下、室井):私が嫌なのは貧困で大変な人を見て、まだ自分は大丈夫だからみたいな意識。そういう意識の保ち方。

 中村:現在の貧困は奨学金とか労働者派遣法とか、介護保険とか、国の制度や法改正が原因のケースが多い。ワーキングプアだらけ。必然的に女性が主なターゲットになっています。

 でも、どこかのタイミングで中年男性にシフトすると思っていて、中流以下の人々には男女問わず漠然とした不安がある。なので、自分より下の層を眺めて、ちょっとホッとして見て見ぬふりは、貧困記事のいちばんポピュラーな読まれ方だと思っています。

室井:でもね、そうじゃない人も絶対にいる。私がそうだもん。中村さんや鈴木(大介)さんの記事や本を読んで、自分の周りを広く眺めて現実を知った。「自分は大丈夫だから」みたいな感覚はなかった。

 逆に何かできることないかって思ったよ。だって、明日は自分かもしれないわけでしょ?  すごく大切にしている息子とか、息子の友達とか、誰かが困ったとき、手を差し伸べる世の中をつくっていかないとって思ったよ。

 中村:多くは月3万~8万円くらい家賃分程度のお金が足りていないように感じます。とくにシングルマザーには雇用がないし、ワーキングプアだし、ずっと抜け出しようのない不安を抱えている。一部、団地とかでは助け合いがあるけど、ほとんどは1人で悩んでいて、本当によく生きているなってくらい苦しそうにみえる。

1/6ページ

最終更新:6/26(水) 5:40
東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事