ここから本文です

エバートンのブラジル代表FW、文化の違いに苦しむもある理由で満足?「女性が可愛い」

6/26(水) 15:00配信

フットボールチャンネル

 イングランド・プレミアリーグのエバートンに所属するブラジル代表FWリシャルリソンは文化の違いに苦しむも、イングランドでの生活に満足しているようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間の26日に報じた。

 ブラジルのアメリカ・ミネイロの下部組織出身のリシャルリソンは2015年に同クラブでトップチームデビュー。その後、2016年にブラジル1部のフルミネンセと5年契約を締結した。2017年にはイングランドのワトフォードへ移籍し、翌年にはエバートン移籍となった。2018年9月にブラジル代表デビューを果たすと、現在開催されているコパ・アメリカの代表にも選出された。

 そんなリシャルリソンはイングランドに来て約3年になるが、文化の違いに苦しんでいるようだ。『フランス・フットボール』のインタビューで同選手は「イングランドでの最初の年はかなり困惑したよ。僕は気温に適応することができなかった。ピッチでは足が震え、耳が燃えるようだった」と話した。

 また、リシャルリソンは「母国の食べ物の文化はイングランドと全然違う。食べるものに関してはまだ慣れない。でも、ここの人たちはみんなフレンドリーで学識のある人たちが多い。それから、女性が可愛いね」と話し、文化の違いはあるものの、イングランドの人々のことを気に入っているようだ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:6/26(水) 15:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事