ここから本文です

レアル、15歳の超逸材MF獲得へ。飛び級でリヨンU-19でプレー

6/26(水) 16:00配信

フットボールチャンネル

 リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーはリヨンU-19に所属するU-16フランス代表MFマタイス・ラヤン・チェルキオの獲得を狙っているようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間の26日に報じた。

【写真特集】レアル・マドリーからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 レアルは今回大型補強に出ている。今夏の移籍市場の前にFWロドリゴとDFエデル・ミリトンの獲得を発表。さらに、今夏の移籍市場ではFWエデン・アザールとルカ・ヨビッチ、DFフェルラン・メンディ、そしてMF久保建英(カスティージャ)を獲得した。

 レアルは久保のライバルとなり得るアタッキングミッドフィルダーの獲得を狙っている。現在15歳のラヤンは8歳からリヨンのアカデミーに加入。2018年には14歳ながらリヨンのU-17チームでプレーし、ハットトリックを達成するなどシーズン二桁得点を記録している。今季はUEFAユースリーグに参戦しているU-19チームでプレーし、6試合で1得点を記録している。

 英メディア『テレグラフ』によると、レアルの他にマンチェスター・ユナイテッドも獲得に興味を示しているという。さらに、他の欧州ビッグクラブも将来のアタッキングミッドフィルダーにオファーを提示する可能性があることも伝えられている。

 果たして、ラヤンはどのクラブを選択することになるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:6/26(水) 16:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ