ここから本文です

秋篠宮さま 子供時代は暴れん坊、学生時代は要領いいタイプ

6/27(木) 16:00配信

NEWS ポストセブン

「それについては、私は娘から話を聞いておりませんので、どのように今なっているのか、考えているのか、ということはわかりません」

 6月21日、ポーランドとフィンランドへの公式訪問(6月27日~7月6日)にあたっての記者会見で、秋篠宮さまは長女・眞子さま(27才)の結婚問題について、こう語られた。秋篠宮家を知る関係者が話す。

「昨年11月、秋篠宮さまは、“現状のままでは納采の儀は行えない”と明言されました。今回のご発言は、国民に向けて、“あれから一歩も進んでいない、厳しい対応のままです”ということをお伝えになられたかったのだと思います。

 眞子さまはずいぶんとかたくななご様子だそうです。ご一家の中でも、秋篠宮さまと眞子さまはおふたりで頻繁に旅行に出かけられるなど、特に心を通わせるご関係でした。それなのに、娘の一生にかかわる縁談について、親として娘の気持ちがわからない。会見ではずいぶんおやせになられた印象でしたが、秋篠宮さまの苦しい胸の内が垣間見えました」

 2016年に上皇陛下が生前退位のご意向を示されてから、より一層の注目が集まっていた皇室だが、平成の終わりから令和元年の今日に至るまで、国民が最も関心を抱いているのは、秋篠宮ご一家ではないだろうか。

 2017年9月に眞子さまの婚約内定会見が行われると、その直後、婚約者である小室圭さん(27才)の家庭の金銭トラブル問題により結婚が延期。すると、今年3月、次女の佳子さま(24才)から異例の“姉擁護宣言”が飛び出した。そして、4月下旬には、長男・悠仁さま(12才)の身に「刃物事件」が起こった。矢継ぎ早に発生する不測の事態に、天皇皇后両陛下、上皇上皇后両陛下以上に、秋篠宮さまとご家族は注目を浴びる存在になっている。

 ご家族について報じられるたび、改めて浮かび上がるのは、これまでの皇族らしからぬ、主体性を重んじる秋篠宮ご夫妻の教育方針だ。

1/3ページ

最終更新:6/27(木) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事