ここから本文です

秋篠宮さま 子供時代は暴れん坊、学生時代は要領いいタイプ

6/27(木) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 学習院幼稚園では当時流行していた「タイガーマスクごっこ」でお友達を泣かせて、美智子さまが直々に相手の母親に何度も謝罪の電話をなさったという。元宮内庁職員が振り返る。

「まだ幼かった秋篠宮さまは茶目っ気たっぷりで、職員が池をさらっていると長靴姿でじゃぶじゃぶと入ってきて、作業を手伝ってくれました。あまりの“暴れん坊”ぶりに手を焼いた美智子さまが、元五輪選手をコーチに招聘して、マット運動を教え込まれたこともありました」

 一方で寂しがり屋の面もあり、両陛下が公務に出られた時には天皇陛下がじっと耐えられたのに対し、秋篠宮さまはこらえられず泣かれることが多かった。

 1972年に学習院初等科に入学し、その後、中・高等科から大学へと進まれた。学生時代は、上から押しつけられて勉強することがあまりお好きではなく、試験の前だけ頑張って結果を出す“要領のいいタイプ”だったという。前出の元宮内庁職員は、「ご兄弟は、いろいろな面で対照的でした」と指摘する。

「秋篠宮さまの大学時代は友人とよく飲み歩き、カラオケでものまねを披露されることもありました。常にお側に控えていたSPをまかれて、一般客に気づかれず飲むことも多く、どこに行かれてもSPを受け入れていた天皇陛下とは対照的でした。

 東宮御所でテニスをする際も、陛下はとてもまじめにボールを打ち返されますが、秋篠宮さまはスピンをかけるなど、さまざまなテクニックを駆使されていました」

 一方、1988年に学習院大学を卒業後、英オックスフォード大学に留学されると、動物学にのめり込み、留学中はかつての勉強嫌いが一転して、朝から晩まで机に向かわれた。

 20年以上にわたって秋篠宮さまと親交のある、毎日新聞編集委員の江森敬治さんの著書『秋篠宮さま』(毎日新聞社刊)によると、秋篠宮さまは上皇上皇后両陛下の教育方針についてこう述べられている。

《子供は何かをやりたいと言っても、それを否定する親もいると思う。両親はそういうことはなく、とにかく、私の好きな分野をずっと歩かせてくれた。そのことに大変、感謝している》

※女性セブン2019年7月11日号

3/3ページ

最終更新:6/27(木) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事