ここから本文です

49歳メラニア夫人の洗練ワンピース着こなし術

6/27(木) 7:07配信

コスモポリタン

現アメリカ大統領ドナルド・トランプの3人目の妻で、スロベニア出身の49歳メラニア夫人。元モデルとだけあって、スタイリッシュなファッションにも注目が集まる中、彼女のお仕事ルックの鉄板アイテムと言えるのがハイブランドの洗練ワンピ。上品なきれい色から大胆なカラフルプリントまで貫禄たっぷりに着こなす、ファーストレディのオーラ満載なワンピーススタイルの中から、見ているだけでも楽しくなる華やかなサマードレスをピックアップ。

【写真】メラニア夫人のモデル体型を引き立てたワンピース14選

花柄レース

2017年、オハイオ州のキャンペーンラリーでは、クールビューティなイメージをがらりと変える甘いピンクベースのカットアウトレースワンピでお目見え。胸下がキュッとシェイプされたとびきりロマンティックなカクテルドレスは、ウェディングドレスで有名な「モニーク・ルイリエ」によるもの。「クリスチャン ルブタン」のパンプスも淡いピンクでスウィートに。

ビビッド花柄

G20ブエノスアイレス・サミットでは、カラフルなフローラルプリントのワンピで登場。ノースリーブとプリーツで縦長シルエットを作る一着は「グッチ」のもので、お値段約53万円。チョコレートカラーの細ベルトでウエストマークして、メリハリをつけつつ裾のグリーンと「マノロ・ブラニク」のとんがりトゥパンプスをリンクさせて、ワンピの華やかな柄を強調。

ポルカドット

ジョージア州アトランタで行われた会合を終えて、ホワイトハウスに戻るトランプ夫妻。メラニア夫人のレディライクな水玉柄ワンピは、ロンドンを拠点とするイタリア人デザイナー「アレッサンドラ・リッチ」によるもの。「エリザベス & ジェームス」のべっ甲サングラスと太めなベルト使いが、オールドハリウッドの女優みたいにクラシカルな印象。

ポストカードプリント

2019年5月、東京へ向かうメラニア夫人は個性たっぷりなポストカードプリントのワンピースをチョイス。グッドガール感の高いシャツワンピをアメリカ西部の風景写真柄で仕上げたというユニークな1着は、「カルバン クライン」のもの。いつもより少しヒールが太めの「クリスチャン ルブタン」のデニム色パンプスで、ほんのりカジュアルを意識しているのはさすが。

1/2ページ

最終更新:6/27(木) 11:35
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事