ここから本文です

子犬を茹でて子供を虐待する「鬼母」と地獄の家

6/27(木) 14:28配信

ニューズウィーク日本版

<母は子犬数匹を大鍋に入れて茹でて見せた、ペットの犬を撃ち殺したり猫に毒を盛ることもあった――母親の虐待行為の数々を15人いる子どもたちが証言>

米ニューメキシコ州で6月24日、子どもと動物に対する虐待行為を繰り返したとして、15人の子どもの両親が逮捕された。AP通信によれば、母親のマーサ・クラウチ(53)は児童虐待と、子犬を生きたまま茹でたり子猫に毒を盛ったりするなどの動物虐待の容疑で訴追され、夫のティモシー・クラウチは司法妨害の容疑で訴追された。

虐待母の顔を見る

警察によれば、逮捕容疑はミズーリ州、アラスカ州、カンザス州とモンタナ州で行われた虐待行為で、すべてのケースで15人の子どもの一部が被害に遭っている。

10代の娘は警察に、これまでに受けた精神的・身体的虐待の中でも最悪だったのは、マーサ・クラウチ容疑者が「子犬を何匹か大きな鍋に入れて茹で、子どもたち全員にそれを見せた」こと。しかも母は同じ日に、娘のペットの犬を撃ち殺したという。

同容疑者は、子猫に毒を盛ったり、学校に行けない理由を尋ねた罰にゴムべらで叩いたりもしたという。

別の娘は警察の事情聴取に対して、14歳で妊娠した時のことを話した。母親はその罰として、流産するまで彼女を殴ったという。

■警察に疑われるたびに引っ越し

虐待が発覚したきっかけは、サンフアン郡の保安官事務所が、2人の成人した息子の一人が暴行容疑で逮捕されたこと。この息子は過去にも誘拐や暴行の疑いがかけられていたが、捜査の過程でそれは濡れ衣だったことがわかった。彼の10代の妹が、兄は自分を虐待から救おうとしたのであり、誘拐したのではないと証言したのだ。

現在は複数の州に分かれて暮らしている成人した子どもたちの証言からは、クラウチ一家が長年にわたって警察から逃げ続けていたことも明らかになった。警察の追及の手が迫るたびに、引っ越しを繰り返してきたという。

ひとりの息子は、両親に殴られたり銃で撃たれたり、刃物で刺されたり車でひかれたりしたと語った。「母親に散弾銃で撃たれた時のBB弾が、まだ腕の中に残っている」

ニューメキシコ州の児童福祉局が、教育ネグレクトの疑いについて調べるために、自宅を訪ねてきたこともあったという。この時、母親のマーサ・クラウチはさらなる追及を逃れるために、一番下の3人の子どもを車に乗せてサンフアン川のナバホダムに連れていき、隠した疑いがある。

ティモシー・クラウチとマーサ・クラウチの両容疑者は、6月26日に裁判所に出廷する。

(翻訳:森美歩)

カラム・ペイトン

最終更新:6/27(木) 16:27
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事