ここから本文です

落合陽一演出! 新たな形の音楽会が今年も2夜限定開催

6/27(木) 22:29配信

Numero TOKYO

テクノロジーでオーケストラを再構築(アップデート)する「落合陽一×日本フィルハーモニー交響楽団プロジェクト」。一夜限りで行われた《変態する音楽会》から一年、今年も2夜限定で開催! チケットは6月19日(水)より販売中、この機会を逃さないで!

昨年一夜限りで行われ、話題となった《変態する音楽会》。一年経った今夏、テクノロジーでオーケストラを再構築する「落合陽一×日本フィルハーモニー交響楽団プロジェクト」が、今年も8月20日(火)および27日(火)の2週連続で開催される。

ビジュアルデザインスタジオのWOWが、「映像の奏者」として今年も参加。オーケストラが奏でる豊かな音の表情、楽曲それぞれが持つ世界観、それらを通じて脳内・心が広がる感覚に、視覚からアプローチする。

《耳で聴かない音楽会2019》では、視覚を要素に入れることでオーケストラの楽しみかたを拡張し、聴覚障害のあるなしに関わらず、音楽を身体で楽しむ機会を多くの人に対し広げるという。また、《交錯する音楽会》では、人それぞれが持つ経験・文化的背景に呼びかけ、感覚の原風景を呼び覚ます新しいオーケストラ体験を提供する。


日本では100年近く続く、オーケストラの歴史をたどりながら、新しいページを加える新たな「体験」となる音楽会。現在、ネクストゴールに向けクラウドファンディングも開催中だ。新しいオーケストラの形が、音楽の世界をさらに拡張すること間違いなし。この機会をお見逃しなく!

最終更新:6/27(木) 22:29
Numero TOKYO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事