ここから本文です

ビットコインの採掘が地球温暖化を加速する? それでも地域レヴェルの解決策はある:研究結果

6/27(木) 12:31配信

WIRED.jp

仮想通貨の採掘(マイニング)は高性能なコンピューターを大量に使うため、膨大な量の電力を消費する。その影響力が地球の平均気温を上げるほどだという試算結果を、ドイツの研究チームが論文で明らかにした。それと同時に、仮想通貨を巡る電力の問題に地域レヴェルでの解決策があることも示されている。

マイニングの集積化に大きな意味

モンタナ州ミズーラ郡には、ビットコインの商業マイニング(採掘)を展開する施設が1カ所だけある。マイニングマシンなどの設備は市街地の外れにある古い工場の内部に置かれ、電力は近くの水力発電所と契約して再生可能エネルギーでまかなっている。マシンは使えなくなったら廃棄せず、リサイクルに回される。

昼夜を問わず24時間稼働しているコンピューターや冷却装置が大量の電気を食うことは確かだが、環境への配慮は万全で影響は最小限に抑えられているというのが、運営者側の主張だった。

ところが、郡の当局者はそうは思わなかったようだ。当局によれば、問題は別のところにある。州内に存在する石炭火力発電所だ。水力発電による電力がビットコインのマイニングに使われてしまえば、それまでダムから送られてくる電気を利用していた住民たちは、化石燃料由来の電力に切り替えざるを得ない。

このためミズーラ郡の自治体は4月、仮想通貨(暗号通貨、暗号資産)のマイニング業者に再生可能エネルギー発電設備の建設を義務づける規制強化に動いた。そしてこのほど、エネルギー分野の学術誌『Joule』に、この政策を支持する内容の論文が掲載されたのだ。

仮想通貨の影響で気温が上昇?

ミュンヘン工科大学でエネルギー分野の研究を行うクリスティアン・シュトルとそのチームは、マイニング設備の位置とそこで使われているコンピューターの種類に基づいて、この分野での消費電力を割り出した。シュトルは「ビットコインのマイニングは一般的に、石炭火力発電によってまかなわれています」と指摘する。「問題はこの現状をどう変えていくかで、それは各地域の規制当局次第だと言えるでしょう」

ビットコインでは「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」と呼ばれるプロトコルが採用されており、ネットワークにつながったコンピューターが世界中で複雑な数学的処理をこなしている。競争に勝利したものが報酬としてビットコインを得るという仕組みだ。

ただ、マイニングは世界各地で行われているために消費電力の計算は難しくなる。各地域でどのようなマシンが使われているのかを把握したり、その電力源を特定したりするのは困難だ。このように不確定要素が多いため、ビットコインが環境に及ぼす影響の試算は数字がばらついている。

仮想通貨を巡るある研究では、ビットコインのマイニングにって、向こう30年以内に平均気温が2℃上昇する可能性があるという結果が出た。一方で、再生可能エネルギー由来の電力の価格が低下しているため、マイニング業者は電力の切り替えを進めており、こうした結果は正確ではないとの指摘もある。

1/2ページ

最終更新:6/27(木) 12:31
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事