ここから本文です

さっぱり美味しい「レンジ蒸しなす」レシピ3つ。油を使わずダイエットにも

6/27(木) 12:11配信

ライフハッカー[日本版]

すだち蒸しナス

▼材料(2人分)

蒸しナス……2本

すだち……1個

めんつゆ(3倍濃縮)……大さじ1.5

水……大さじ1.5

▼作り方

STEP1.

蒸しナスを作り、ヘタを取って手で裂いてお皿に並べる。

STEP2.

すだちを薄く輪切りにして1の上にのせる。

STEP3.

水と合わせためんつゆを回しかけて、できあがり。

すだちそうめんの、蒸しナスバージョンといったところでしょうか。スライスしたすだちの丸い形が可愛らしく、見た目も涼し気です。香りも爽やかで、暑さを吹き飛ばしたいときに食べたくなる一品でしょう。

時間が経つと、ナスがすだちの果汁を吸って、風味が増します。冷蔵庫で冷やすと、またいっそう美味しくなりますよ。

蒸しナスとミョウガのピクルス

▼材料(2人分)

蒸しナス……2本

ミョウガ……3本

すし酢……大さじ2~3

▼作り方

STEP1.

蒸しナスを作り、ヘタを取って縦に6本程度に切る。

STEP2.

ミョウガは3本まとめてラップで包み、600Wのレンジで1分加熱してサッと水につける。

STEP3.

粗熱が取れたら、1本を縦に3~4つくらいに切る。

STEP4.

1と3をボウルに入れて、すし酢を回しかけてサッとあえ、よく冷やしてできあがり。

※ナスもミョウガも、温かいうちにすし酢をかけるとよりなじみやすくなります。

ピクルスと聞くと難しそうですが、すし酢をかけるだけなので簡単に作れます。ミョウガの香りが良く、酸味がほどよく効いた爽やかな一品です。

ミョウガはお酢に漬けると、色が鮮やかになる性質があります。これは、ミョウガに含まれるアントシアニンという色素が、お酢の成分に反応するため。

アントシアニンはナスにも含まれているので、どちらも発色が良くなり、合わせると一段と彩り良く仕上がります。

食材として、ナスの嬉しいポイント

ナスにはカリウムが多く含まれていて、体を冷やすと言われます。ジメジメと蒸し暑い今の時期や、これからの猛烈な暑さから逃れたいときに食べたい野菜です。

また、ポリフェノールも豊富で、老化防止や眼精疲労の緩和なども期待できます。

ナスのこういった効果には、ぜひともあやかりたいところ。ダイエットに成功して素敵なボディを手に入れたあとも、引き続き蒸しナスレシピをお楽しみください。

レシピ・文/オガワチエコ

料理研究家。ル・コルドン・ブルー、東京會舘クッキングスクールで料理と製菓を学ぶ。著書に『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』(セブン&アイ出版)、『おにぎらずの本』(泰文堂)など。道具も調味料もない彼の家で、いかに間単に失敗なく美味しい料理を振舞うかに特化したレシピ本になっている。2015年9月11日には新刊『スティックオープンサンドの本』を出版。

Photo: 大崎えりや

オガワチエコ

2/2ページ

最終更新:6/27(木) 12:11
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事