ここから本文です

【NJKF】高橋三兄弟の三男・聖人が敵地乗り込みNJKF王者からダウンを奪って撃破

6/27(木) 15:20配信

ゴング格闘技

NJKF 2019 west 3rd
2019年6月23日(日)大阪・東成区民センター大ホール

【写真】前ミネルヴァ女子スーパーフライ級王者・麻衣の引退式も行われた

▼メインイベント 59.5kg契約 交流戦 3分3R ※ヒジあり
×tatsu魅 (NJKF TEAM武心會/NJKFフェザー級王者)
判定0-3 ※27-30、27-30、27-29
○高橋聖人 (真門ジム/元NKBフェザー級王者&現ライト級2位)

 今大会のメインはNJKFフェザー級王者・tatsu魅vs元NKB同級王者&現ライト級2位・高橋聖人の交流戦3分3R(ヒジあり)。長らく途絶えていたNJKFとNKBの交流は17年11月、同じ大阪での玖村修平vs高橋亮の一戦から復活した経緯がある。今回はそれ以来の大一番、そして前回勝利した次男・亮に続いて高橋三兄弟がNJKFのリングに乗り込み、王者が迎え撃つという図式となった。

 ともに自分の名前が盛り込まれたオリジナル曲に乗って入場した2人。1R、サウスポーのtatsu魅とオーソドックスの高橋は互いにロー、ミドルと蹴りを出し合って相手を探る中、tatsu魅は接近戦でヒザ蹴りを繰り出すと、高橋は終盤、パンチからローのコンビネーションを決める。

 2Rに入るとtatsu魅のストレートが当たり始めるが、高橋は距離を殺して組んでのヒザで応戦。このラウンドも終盤に高橋のコンビネーションがヒット。このラウンドを終えてのオープンスコアは19-19のイーブンが1名、20-19で高橋優勢が2名とアナウンスされる。

 3R、tatsu魅はヒジも振るって劣勢を挽回しようとするが、高橋は離れればミドル、近づけば組んでヒザを入れ、ダメージを重ねていく。これが功を奏し、中盤に三日月蹴りを受けたtatsu魅は動きが止まる。ここぞとばかりに前進した高橋はボディを中心にラッシュ。ここはどうにか凌いだtatsu魅だったが、終盤にミドルとヒザを食らうとロープに詰められ、高橋の再度のラッシュにスタンディングダウンを宣せられる。

 これが決め手となって、判定は3-0で高橋の勝利に。一昨年に続き、今回もNKBの、そして高橋三兄弟の勝利となった。

 試合後、勝った高橋は「まだまだ、このままじゃ全然有名になりたいんで、もっと倒せる選手になって有名になりたいと思います」とマイク。リングを降りると「勝ててホッとしてますが、倒したかったですね。サウスポーは苦手じゃないですが、最初はちょっと距離が合わなかったですね。ストレートとヒジがうまい選手だというのは分かってましたが、何発かもらっちゃって、そこが甘かったと思います。大阪で試合するというのが楽しみだったので、勝ててよかったです。この先もどんどん倒して勝っていければ」と、反省点も交えながら試合を振り返った。

最終更新:6/27(木) 18:07
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年5月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】世界を揺らせ&平成格闘技を総括
■堀口恭司×朝倉未来スパーリング対談
■武尊×不可思が盟友対談
■誰も知らない那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事