ここから本文です

カジサック、YouTubeチャンネルで宮迫博之・2700出演の動画を非公開に 「会社ではなく、僕が決めたことです」

6/27(木) 7:04配信

リアルサウンド

 YouTuberカジサック(キングコング梶原雄太)が6月25日、自身のチャンネルでライブ配信を行ない、「闇営業」問題で、吉本興業から活動休止の謹慎処分を受けた雨上がり決死隊・宮迫博之、2700が登場した動画を非公開にした理由を説明した。

 動画の非公開については、視聴者からもさまざまな意見が寄せられており、カジサックは「正直、どうしたらいいんだろうとすごく悩んでいました」と告白。しかし、YouTubeでの活動を支えるチームカジサックとも協議した結果、「謹慎期間中に、カジサックチャンネルに露出し続けるというのはどうなのか」という考えに落ち着き、非公開にすることを決定したという。

 カジサックは「この件に関しては、会社からそうしてほしいと言われてはいないです。すべて私、カジサックの個人的な考え、チームで話し合った結果です」と、独自の判断であることを強調。その上で、「率直な気持ちを言うと、本当に残念だなと思います」と複雑な心境を明かしていた。

 またもうひとつ、視聴者の関心事となっていたのは、カジサックの息子で、いつも動画でひょうきん&愛らしい姿を見せてくれている、コジサックについてだ。コジサックは2700・ツネの持ちギャグ「ホットヒーヒー」にハマっており、動画でもよく披露している。問題が発覚する以前から撮り溜めしている動画でも、そのシーンは含まれているそうで、こちらもカットすべきかと検討した結果、「ホットヒーヒーはそのまま流そうと思います」とカジサック。楽しみにしている視聴者も多かったようで、「ホットヒーヒーに罪はない」とのコメントも見られた。

 カジサックは最後に、再び「一番声を大にして言いたいのは、すべて僕が決めたこと。ただ、すごく残念な気持ちです」と語り、この話題を締めくくった。いずれも人気動画だっただけに非公開を惜しむ声もあるが、それ以上に、カジサックの苦渋の決断を支持する声が多く寄せられている状況だ。コンプライアンス遵守の時代、YouTubeでも厳しい対応が求められているのかもしれない。

向原康太

最終更新:6/27(木) 7:04
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事