ここから本文です

『ケムリクサ』りな役・鷲見友美ジェナ インタビュー【前編】仮面ライダーGIRLS、そして声優へ

6/27(木) 11:00配信

Animage Plus

今年1月から放送されたTVアニメ『ケムリクサ』でのりな役としてアニメファンに鮮烈な印象を残した鷲見友美ジェナ(すみ ともみじぇな)さん。一方で、声優として活躍するずっと以前、2013年から東映公認ガールズユニット「仮面ライダーGIRLS」に加入、歌手としての活動歴も長い。
そんな鷲見友美ジェナさんに、仮面ライダーGIRLSのこと、そして『ケムリクサ』のこと、さらに今後の声優としての目標などについてインタビュー、たっぷりとお話を伺った。前後編でお届けする。

【関連写真】鷲見友美ジェナ インタビュー【前編】(全4点)

デビューは「仮面ライダーGIRLS」

――まずは『ハイパーホビー』2013年12月号、仮面ライダーGIRLSに加入して誌面に初登場した時の記事を見ながらお話を。新メンバーのお披露目ということもあってセンターですね。

鷲見友美ジェナ(以下、鷲見) いやー! 懐かしいです! でもちょっと恥ずかしいです(笑)。

――当時を振り返りながら、仮面ライダーGIRLSに入った経緯からお伺いできますか。

鷲見 ちょうど大学進学の時期で短大を受験したんですけど「あと2年で普通の社会人になっちゃうんだ」と思って、ずっと夢だった声優とか芸能界に挑戦してみようと。ある養成所に通えることになったんですけど、そこに入ってすぐに仮面ライダーGIRLSのオーディションを受けないかというお話を頂いたんです。それでオーディションを受けたら、(仮面ライダーGIRLSの)鎧武担当としてデビューすることができました。

――その養成所は声優の?

鷲見 声優だけではなくて、歌やダンス、演技、ウォーキングとかのレッスンもあっていろんなことが学べるところでした。

――最初に仮面ライダーGIRLSの話を聞いてどう思いました?

鷲見 もともと『仮面ライダー電王』(2007~2008年)を観ていてすごく好きだったんですよ。だけど養成所に入る前は仮面ライダーGIRLSっていうグループがいるということは知らなかったんですね。でも養成所に入ると仮面ライダーGIRLSのPVがよく流されていて、こういう活動をしている方たちがいるんだな、っていう認識でした。学校の中では憧れの存在みたいな感じで。

――2013年に加入されてもう5年半くらい経ちますが、今後も活動は続けていくおつもりですか?

鷲見 そうですね! 仮面ライダーGIRLSに出会えたことが今の自分につながっているというのをすごく実感しているので。仮面ライダーGIRLSはグループとしては今結成して9年目で、来年の10周年を目指してメンバー全員、心をひとつにして頑張っているところです。

1/3ページ

最終更新:6/27(木) 11:00
Animage Plus

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ