ここから本文です

「来季から彼はポルトガルに戻る」中島翔哉が強豪ポルトと“事前合意”か。現地紙が報道

6/27(木) 15:08配信

SOCCER DIGEST Web

半年でポルトガルに戻るのか?

 6月24日、ブラジルで開催されているコパ・アメリカのグループリーグ第3戦が行なわれ、日本はエクアドルと1-1のドロー。決勝トーナメント進出を逃し、森保ジャパンのブラジルでの戦いは終わった。

【PHOTO】2019年夏の移籍市場で新天地を求めたビッグネームたち

 そのコパ・アメリカで攻撃陣では唯一、全3試合で先発出場を果たしたのが、中島翔哉だ。現在、カタールのアル・ドゥハイルに所属している日本の10番については、16日付けのポルトガル紙『A BOLA』が、「ポルトガルの強豪クラブ、ポルトが獲得に関心があるようだ」と報じていた。その時点では「レンタルでの獲得を打診するだろう」という程度の記事だったが、コパ・アメリカを経て具体的な動きに移行しているようだ。

 26日付けのポルトガル紙『Record』は、「移籍をテーマに扱うテレビプログラム『Mercado』は、ナカジマとクラブはすでに合意に達しており、来シーズンから彼はポルトガルに戻ることになると伝えた」と報じている。

 現地では、6月末で左サイドでのプレーを得意とするFWヤシン・ブライミとの契約が終了するため、ポルトは中島をブライミの”穴埋め”として期待しているようだ。

 2018-19のシーズン前半は、ポルティモネンセで躍動していた中島。約半年を経て、ポルトガルへの復帰は実現するのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:6/27(木) 17:41
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事