ここから本文です

【MLB】大谷翔平、185キロの“ミサイル二塁打” 球団OBは走力にも感嘆「速すぎました」

6/27(木) 21:03配信

THE ANSWER

4回の第2打席は凄まじいライナーで右中間破る二塁打

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地レッズ戦で「3番・指名打者」で出場。初回の第1打席で左前打を放つと、4回の第2打席では右中間への二塁打を記録したが、この打球が驚異の打球速度185キロを計測。現地の実況席も「右中間へ強打」「彼のバランスは素晴らしい」などと大興奮だった。

【動画】二塁までのスピードにも注目! 大谷が右中間へ放った打球速度185キロの超速二塁打の実際のシーン

 凄まじいライナーを右中間へ飛ばした。4回、先頭で打席に入った大谷はカウント1-1からの甘く入ったスライダーを完璧にとらえた。打球に角度こそつかなかったが、あっという間に右中間フェンスへ到達する強烈な一打。MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」によると、打球速度は185キロという超速打だ。大谷は大きなストライドで悠々と二塁に到達した。

 この“185キロツーベース”に現地の実況席も喝采を上げた。

「ビッグフライ、オオタニサン!」で知られる実況のビクター・ロハス氏は「ショウヘイ、右中間へ放ちました。フェンスに跳ね返ります。二塁打です。右中間へ強打を放ちました!」と興奮気味に伝えると、解説を務める元エンゼルス投手のマーク・グビザ氏も「もしかしたら、サイクルへ向かっているかもしれないですね。彼のバランスは非常に素晴らしい。右中間へライナーです。プイグは急ぎましたが、オオタニが速すぎました」と強烈な打球と大谷の二塁到達の速さもフォローしている。

 8回の第4打席では、厳しいコースに見事に対応。バットを折られ、ヘルメットも脱げながら、見事に左前に落とすなど技巧も見せた大谷。圧巻の3打数3安打で、打率を.291まで上昇させている。

THE ANSWER編集部

最終更新:6/27(木) 22:27
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ