ここから本文です

小澤征悦、山田涼介をイジる!「サブタイトルは『山田さんのおかげ』(笑)」<もみ冬現場リポ>

6/27(木) 18:58配信

ザテレビジョン

山田涼介主演のスペシャルドラマ「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」(夜9:00-10:54、日本テレビ系)が、6月29日(土)に放送される。

【写真を見る】山田涼介演じる秀作を、冷ややかな目で見詰める“北沢家”

同ドラマは、2018年の1月期に放送された「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」のスペシャル版。連続ドラマでは、山田、波瑠、小澤征悦が演じるエリート3きょうだいが、家族に降りかかるトラブルを全力で解決してきた。

ザテレビジョンでは、6月某日撮影現場に潜入。現場の様子と、当日に行われた取材会の内容をリポートする。

■ まずはSPのあらすじをおさらい

警視庁のエリートだった北沢秀作(山田)が、犯罪者となり失職して1年あまりが経過。パティシエを志すものの、面接に落ち続けていた。

一方、父・北沢泰蔵(中村梅雀)は自らの経験を書いた著書「没落家族」が大ベストセラーとなり、完全復活を遂げる。

兄・博文(小澤)も“AIドクター”としてアメリカで成功、知晶(波瑠)はAIが選んだ相手と交際。さらに、小岩井(浅野和之)と楠木(千葉雄大)も執事として北沢家に復帰した。

1人だけ職も無く、うまくいかない秀作に、泰蔵が次回作「教育失敗」のゴーストライターをやらないかと話を持ち掛ける。秀作は、再起を懸けて頑張るが、何度書いても泰蔵に却下されてしまう。

そこで、博文が貸してくれた作文専門の“AIサユリ”に原稿を直させるという荒技で、秀作はなんとか北沢家内でゴーストライターとしての地位を確立する。しかしその内容は、「万引き・カンニング・家庭内暴力」というベタな悪事の羅列で、秀作自身を極悪人に描いたものであった。

そうして発売された「教育失敗」だったが、事実のねつ造を疑われ泰藏が大ピンチに。再びのスキャンダルで開かれた家族会議。すると、知晶が「だったら秀作の行動を本に合わせればいいのよ!」と発言。秀作はこの難問をクリアして家族の名誉を守り、ピンチをもみ消すため奮闘する。

■ ジョンの名演技に注目!

この日撮影したのは、兄・博文が帰国し、北沢家のリビングで家族そろって会話をする場面。秀作、知晶、泰蔵、執事の小岩井、楠木、飼い犬のジョンが勢ぞろいした。

秀作が家族からいじめられるという恒例のシーンでは、博文のテンポのいい怒涛(どとう)のイジりと、知晶の冷ややかな視線がさく裂。連ドラ時と変わらない雰囲気で撮影が進められた。

特に本番で名演技を披露したのは、犬のジョン。せりふを言っている小澤の足元にすり寄り、バッチリカメラの画角に収まることに成功。カットがかかると、山田をはじめ一同は「すごいなジョン!」と笑顔に。

中でも一番うれしそうにしていたのは、父を演じる中村。ドラマの中で笑顔を見せることがあまり多くない分、より一層ジョンを見守る優しいほほ笑みが印象的だった。

■ 雑誌撮影でも“秀作”と“博文”の関係

ドラマ撮影の合間には、雑誌用の撮影会が行われ、山田、小澤、波瑠のスリーショットを撮ることに。

“北沢家らしい”姿を求められると、小澤は山田に向かって「バーカ、バーカ」とささやき、撮影を盛り上げる。そんな小澤に対し山田は、悔しそうにしてみたり、しょんぼりしたり、反抗的な顔をしたりとコロコロ表情を変えていた。

また、この日の撮影では見ることはできなかったが、SPドラマでは連ドラ時と変わらぬ懐かしい場所や人が続々と登場する。秀作の警察時代の後輩・尾関(小瀧望)や、秀作の恋人・池江(恒松祐里)、博文のライバル・善財(竹森千人)、秀作の飼っているハムスター・プラトンも、もちろん登場。

さらには、博文の通うメイド喫茶や、秀作ら行きつけのカレー屋など、「もみ冬」に欠かせない場所にもそれぞれが訪問する。秀作が芝生でゴロゴロするシーンも健在だ。

■ 「もみ消して冬~山田さんのおかげ~」

続く取材会にて、撮影の様子を聞かれた山田は「とにかく家族のシーンの一人一人のせりふ量が多く、テンポも早いのが“もみ冬”。完璧にせりふを頭に入れないといけない緊張感の中で、昨日も1時間巻いたし、撮影は順調ですね」と話す。

小澤は「連ドラの関係性が即座によみがえって、懐かしさもありつつ、そこにAIなど新しい要素を入れて試行錯誤で撮影に挑んでいるので、すごく面白い。これもすべて山田さんのおかげです」と山田を見詰めてニヤリ。

波瑠は、SPドラマ化決定と聞いた時のことを「いつ撮るの?本当にできるの?」と忙しいキャストたちのことを考えて不安に思ったという。そこですかさず小澤が「こうやって集まれたのは?」とパスをし、「山田さんのおかげです」と波瑠が即答し、笑いが起きる場面も。

小澤は「サブタイトル『山田さんのおかげ』だもんね」と、終始山田をいじりながらトークを進行。山田は「もー!」と呆れたり、「いやいや!」と否定したり、さまざまなリアクションを見せていた。

(ザテレビジョン)

最終更新:6/27(木) 18:58
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事