ここから本文です

大原櫻子主演「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」のゲスト第2弾に六平直政、温水洋一、矢部太郎ら

6/27(木) 12:00配信

ザテレビジョン

7月3日(水)よりスタートする、大原櫻子主演のドラマパラビ「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」(毎週水曜夜1:35-2:05、テレビ東京ほか)のゲストキャスト第2弾が発表された。

【写真を見る】“頼りないスーパーの店長”木村浩二役の矢部太郎(カラテカ)

これまでに発表された主人公・水野羽衣役の大原らレギュラーキャスト陣、ゲスト第1弾に続いて、今回決定したのは梶原善、池谷のぶえ、山本浩司、片桐はいり、矢部太郎(カラテカ)、後藤拓実(四千頭身)、漫画家のしりあがり寿、前原滉、六平直政、温水洋一、そして全話のナレーションを担当するふせえり。

そんな個性派ぞろいのゲストキャスト陣が、見どころなどを語った。

■ ゲストキャスト第2弾の役どころは?

「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」は、水に濡れるとタイムリープできるという、特殊な能力を持つ主人公・水野羽衣(大原)がその能力を生かして、「びしょ濡れ探偵」として毎話事件を解決へと導いていく物語。

第1話では、梶原が“心中未遂事件の被害者女性の父親”織田役、池谷が“おしゃれな売れっ子スタイリスト”湯沢靖子役を担当。第2話には、山本が“不倫の口止め料として一万円請求する男”井畑役として出演する。

第4話のゲストは“スーパーの優秀な万引きGメン”山田直美役・片桐、“頼りないスーパーの店長”木村浩二役・矢部の2人。

第5話は、“フードコートの謎の店員”役に後藤、“進吾の元を訪れる謎の依頼人”A役・しりあがり、“淳之介が最初に捕まえた犯人”田所智也役で前原が登場する。

第10話のゲストには、“味を盗んだとラブホテルに乗り込んで来るうどん屋”宮川役・六平、“ラブホテルに取り立てに来る借金取り”神保役・温水というベテラン俳優2人。

そして、全話のナレーションをふせえりが担当し、脚本を手掛けるブルー&スカイとテニスコートもゲスト出演する。

なお、テレビ東京版とParavi版で2種類のエンディングが見られる本作。

テレビ東京版は第1話放送終了後、第1~6話、第7話放送終了後、7話~12話を配信。Paravi版は、各話放送終了後、毎週配信される。

また同ドラマは、BSテレ東では2019年10月クールに放送される予定となっている。

■ 織田役・梶原善コメント

ブルー&スカイさんは初めてで、台本を読んで、久しぶりに早くせりふを言いたいなと思わせてくれる脚本家の方だなと思いました。

織田は、自己中心的な所が割と概ね占めている方なので、その辺は大切にやっていきたいなと思って演じました。

ラブホテルもそうですし、すごく風変わりな商店街で撮影をしたのですが、独特なロケハン力というか、ロケ場所もこのドラマにすごい味付けをしているんじゃないかと思います、見どころの1つです!

■ 湯沢靖子役・池谷のぶえコメント

クランクインの日に撮影がありましたが、すでに現場のテンションに「面白いもの」に対する熱いものがありました。

刑事モノ2時間ドラマのラストのように、真面目に演技をしようという気持ちで臨んだのにもかかわらず、思いもよらない方向性になりました。

恋愛モノ、刑事モノ、医療モノ、歴史モノ、テンションさまざまなドラマのジャンルがありますが、びしょ濡れものとして先陣を切る作品だと思います。お見逃しなく。

■ 井畑役・山本浩司コメント

オファーを頂いた時は、タイトルだけで草野(翔吾)監督が、なんだかエッチなドラマを撮ろうとしていると妄想してしまいました。本を読んだら、なんだそういうことかと。草野監督らしいなと感じました。

私が演じた井畑というキャラクターは、二周回ってエコな男というか奇妙な男です。十数年前に山下敦弘監督の大正九年さん「祝祭日」のMVで演じた役が、それに近いものがあると思い、演じる時は常に行動に躊躇がないよう心掛けていました。

そんな井畑のささやかな活躍も、合わせて楽しんでいただければと思います。

■ 山田直美役・片桐はいりコメント

万引きGメンとして、運動神経抜群の大原櫻子ちゃんを追っ掛けて爆走しました。爽快でした! 実際に万引きGメンの取材をされたことがある店長役の矢部さんに、ホンモノはあえて目立つ風体をしていることもあると聞きました。

あまり見たことのない型破りなドラマの中で、超リアルな役づくりができたのではないかと思います。櫻子ちゃんのみずみずしい演技と共に、お楽しみいただければ幸いです。

■ 木村浩二役・矢部太郎(カラテカ)コメント

ブルー&スカイさんのファンなので、企画されたドラマに出演することができて大変光栄でした。撮影がラブホテルで、待機室も客室で、出演者全員で1つの客室で居場所が難しかったですが、初めて会う皆さんとも妙に距離が縮まった気がします。

ずっと大堀こういちさんと回転ベッドに乗っていました。撮影中は、監督の演出の下に、皆さんの演技によって立ち上がっていくシーンが面白過ぎて、その場にいて脳がしびれました。なんだかよく分からないですが、とにかく面白いです!

■ 店員役・後藤拓実(四千頭身)コメント

声を掛けてもらった時は本当にうれしかったですが、ドラマというものがどういうふうに撮っているのか分からなくて、僕に演技ができるのかと緊張もありました。

撮影現場は本当にいい雰囲気で、こんなわけの分からない少年みたいなやつに、皆さん温かく話し掛けてくれて、矢本(悠馬)さんは前から知っていてくれて、好きですって言ってくれたときは感動しました。お茶を飲みにいく約束をしました。

僕が出演する部分だけ見たら本当に訳が分からないと思うので、ぜひ第1話から! すごく面白いドラマです。あと、大原櫻子ちゃん、いい匂いしました。

■ 依頼人A役・しりあがり寿コメント

「びしょ濡れ」っていうから、何が「びしょ濡れ」なんだ?と読んでみたら、そういう「びしょ濡れ」で、なるほどーっ!て感じで、こりゃ「びしょ濡れ」の撮影現場ってのは、さぞや大変だろうな、と楽しみに行ったら、びしょ濡れの現場は見られず、自分が見たのは大堀さんの顔だけで、その顔のあまりの面白さに覚えていったセリフとか全部忘れました。

作る側の遊んでやれ、楽しんでやれみたいな気持ちが伝わってきて、こりゃもう見る方としては、そこにのってけ!って感じだと思います。ドラマが放送されたら「自分も!」って、頭から水をかぶってびしょ濡れになる人続出じゃないだろうか? 風邪には気を付けよう!

■ 田所智也役・前原滉コメント

台本を読んで、まず「なんだこれは!」と思いました(笑)。そして、参加したい!という思い以外ありませんでした。

映画「世界でいちばん長い写真」(2018年)でお世話になった草野(翔吾)監督と、またご一緒できることがとてもうれしかったです。

田所は、実は凶悪犯ですが(笑)、不思議な世界観のコメディーなので、とにかく楽しもうと思いました。現場はとにかく楽しく、視聴者の皆さまにも、この楽しい空気感が伝染していけばいいなぁと思います。ぜひ、ご覧ください!

■ 宮川役・六平直政コメント

変わった題名で、なかなか斬新な内容のドラマだなと思いました。本が良く書かれていたので、役も面白いし、内容から掘って役作りをしました。

主役の心の変化、周りのキャストの面白い演技をお楽しみ下さい!!

■ 神保役・温水洋一コメント

台本を頂いて、ブルー&スカイ君を初めとする脚本の方々を目にした時には「あ、久しぶりにこのくだらない世界だ!」と、ワクワクしました。

そして、共演するのが、大堀こういちさんだとわかるとさらにワクワク! もう本当に久しぶりの共演。早く撮影現場に行きたい!みたいな。

撮影は、とても楽しかったです! テニスコートさんの脚本も、ご本人との共演もとても楽しめました。久しぶりにテンション高めの役がやれてうれしかったですね。主演の大原(櫻子)さんとの絡みがなかったのは残念でしたが。

地上波、そしてParaviで何度も楽しめる作品に仕上がっていると思います! ぜひ!

■ ナレーション・ふせえりコメント

台本を読んだ時は、「なんじゃこりゃ~、すんごい面白い内容だな」と思いました。ナレーションとしての出演となりますが、いつも見守っている感が出れば良いなと思い行いました。

出てくる人、全部が変!?です! 不条理の世界で、どこまでいくのか楽しんでください。

■ 「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」第1話あらすじ

水に濡れると過去にタイムリープできる不思議な能力を持つ、就活中の女子大学生・水野羽衣(大原櫻子)。羽衣と兄・淳之介(矢本悠馬)、父・進吾(大堀こういち)の3人家族は、進吾の経営するラブホテルに住んでいる。

その一室で淳之介は探偵事務所を営んでいるが、探偵としての能力が乏しく、いつも羽衣のタイムリープに頼りっ放し。ある日、水野探偵社にやってきたのは、盗難事件の被害に遭い、犯人を突き止めてほしいという紳士服店の店長。

盗難された服は、なぜかセンスが悪いダサい服ばかり。羽衣は、この奇妙な盗難事件の犯人を突き止めるため、過去にタイムリープすることに。

一方で、ラブホテルの一室で男女の心中未遂事件が発生。被害者女性の父親から、共に心中を図った男への復讐(ふくしゅう)を依頼されるが…。

果たして羽衣は、2つの事件の真相を突き止めることができるのか?(ザテレビジョン)

最終更新:6/27(木) 12:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事