ここから本文です

日本代表、なぜ後半43分から2トップ移行? 勝利必須も遅かった一手と終盤のカオス

6/27(木) 8:20配信

Football ZONE web

機転を利かせた安部の判断 「少し(柴崎)岳くんのサポートをしないとなと思って」

 また終盤のピッチ上で多少の混乱が見られた。前田が「点を取って来いと言われて送り出してもらった」と振り返るとおり、攻撃のマインドが強まった日本は4-1-3-2システムに移行してゴールを狙いに行く。しかし、安部は攻守のバランスが気になったと明かす。

「縦に速かったので、(サイドで)幅を取っていたら、ゴール前に置いていかれると思って、幅を取るのを止めた時に(前田)大然くんが入ってきた。(上田)綺世、大然くん、(中島)翔哉くん、(久保)建英の4人で攻めていたので、少し(柴崎)岳くんのサポートをしないとなと思って、大然くんが入ったタイミングで変えた」

 それまでボールの回収とつなぎ役を務めていた板倉を下げ、1ボランチとなった柴崎の負担が増加。それを見かねた安部が機転を利かせてサポートに入ったという。この状況から、前田の投入とシステム変更の意図がチーム内で十分に共有されていたとは言い難い。

 勝利が必須条件のなかで最終盤に見られたのは、遅かった2トップ移行の一手とピッチ上に広がったわずかな混乱。指揮官の采配は様々な角度からさらなる検証が必要そうだ。

Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki

2/2ページ

最終更新:6/27(木) 8:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事