ここから本文です

なでしこMF長谷川、オランダ戦に残る悔恨 「突き詰めて考えないといけない」

6/27(木) 8:40配信

Football ZONE web

負傷を乗り越えオランダ戦で先発復帰 的確な分析を生かしてキーマンを封殺

 なでしこジャパン(女子日本代表)のMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)は、高倉麻子体制下で早々に主力となった。フランス女子ワールドカップ(W杯)での活躍を期待されたが、大会序盤で負傷し、グループリーグ第2戦、第3戦ではベンチスタート。負ければ敗退という決勝トーナメント1回戦オランダ戦(1-2)で、長谷川は先発メンバーに戻ってきた。

 もともと、高倉ジャパンには激しい先発争いがある。コンディションが一定以上になければ、出場機会は与えられない。睡眠時間を削って選手のケアを行ったフィジカルコーチ、アスレチックトレーナー。長谷川もその指示に従って、焦る気持ちを抑えて、我慢するべきところは我慢した。

「いろいろな技術が進歩してきていて、どれだけ疲労が溜まっているかなども、分かるようになってきています。こうした大会では大事な技術だと思います」

 ベンチでジリジリする時間は長くなったが、試合に出ているチームメートはそれぞれの気持ちをピッチ上で、ボールにぶつけて表現していた。それを見た長谷川も、大いに刺激を受けたという。そして、気力を再充填させた長谷川に、戦線復帰へのゴーサインが出された。

 オランダは欧州のトレンドである4-1-4-1システムを採用。長谷川が担当する左サイドには、チャンスメーカーのFWシャニセ・ファン・デ・サンデンがいた。チームはこれまでのオランダ戦の経験から、同サイドにいるインサイドハーフのMFジャッキー・グローネンが、ファン・デ・サンデンと連携することで、脅威を増していると分析していた。

「サイドにもう1人出てきて、鮫島(彩)選手のところに2枚来られて不利なシーンが多かったので、鮫島選手とは『ボールが(自軍の)右サイドにある時にも、中に絞りすぎない』という話をしていました。『サイドで切るのか、中で切るのか』を、今日はハッキリできたと思うので、今までオランダと試合をしてきた収穫を、今日の試合で出せたんだと思います」

 なでしこジャパンの対応によって時間とともに輝きを失ったファン・デ・サンデンは、試合途中でピッチを去った。

1/2ページ

最終更新:6/27(木) 8:40
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事