ここから本文です

子のイヤイヤ共働きのせい?抑え込むとどうなる?

6/27(木) 12:00配信

日経DUAL

おむつや授乳にそろそろ慣れてきたと思ったら、子育てはまた新たな壁にぶち当たります。「魔の2歳児」とも「イヤイヤ期」ともいわれる第一次反抗期です。これを越えたらしばらくひと安心…と思っていたら、いつまでたっても収まる気配がなく、反抗期真っ盛りのまま小学生に。そのまま、小学校中学年ごろから本格的な思春期の反抗期に突入し、親は消耗しっぱなしというパターンも少なくありません。

【関連画像】理想と現実は大きく乖離(かいり)

多忙な共働き生活の中で、これら一連の反抗期の子どもに、親は一体どうやって向き合っていけばいいのかを探る本特集。取材した専門家たちからは、目からウロコのアドバイスが続々と飛び出しました。その具体的な考え方や対応策は2回目以降の記事で紹介していくとして、1回目の本記事では、イヤイヤ期や反抗期の存在理由を解説。親にとっては「これがなかったらどんなに楽か」と憎まずにはいられないイヤイヤ・反抗期ですが、子どもを力ずくで抑え込んでしまった場合にどんな展開が起こり得るかを知れば、イヤイヤ・反抗期との向き合い方が変わってくるはずです。

【迷える共働き親を救う! 「イヤイヤ・反抗期」道しるべ】特集

(1) イヤイヤ・反抗を抑え込まれた人の末路 ←今回はココ

(2) イヤイヤ期を育て急がない 編集部も腹落ち!

(3) 7つの読者事例からひもとく イヤイヤの現実解

(4) 親の「常識」見直せば思春期はもう怖くない!

(5) 即効怒り対処法でイヤイヤ・反抗期を乗り越える

(6) 反抗期がつらすぎるのはオトナ思春期だから 対策は?

●理想と現実は大きく乖離(かいり) 

 2019年5月21日~6月5日にかけて、日経DUALが実施した「イヤイヤ期・反抗期に関するアンケート」には、イヤイヤ期や反抗期に頭を抱える共働き親の皆さんの切なる声が続々と寄せられました。上記は、寄せられた回答や、編集部員の体験談など、様々な事例をミックスした架空のエピソードですが、これに近いような「子育ての理想と現実」の大きな落差に、日々打ちひしがれ、むなしさや無力感を感じている人は少なくないのではないでしょうか。

 そもそもイヤイヤ期や反抗期って、何のためにあるのでしょうか。親はなぜこんな苦行を味わわなければいけないのでしょうか。まずは、イヤイヤ・反抗期の背景を専門家に解説してもらいましょう。

1/4ページ

最終更新:6/27(木) 12:00
日経DUAL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経DUAL

日経BP社

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト
小島慶子さん、岸谷香さんなど著名人コラム
保育園検索や共働き夫婦のノウハウも提供
大好評!共感マンガ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ