ここから本文です

巨人・若林晃弘内野手 レギュラー奪取へ、突き進む/足で魅せる

6/28(金) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

 ニューフェースが現れた。交流戦期間中に、若林晃弘が“戦国時代”のセカンドのポジションを奪い取った。

 桐蔭学園高(神奈川)、法政大、JX-ENEOSを経て2018年にドラフト6位で巨人入団。父の若林憲一さんは1972年から81年まで大洋(現DeNA)でプレーした、晃弘と同じスイッチヒッターの外野手。息子も内・外野どこでも守れる器用さが売りのスイッチヒッターだ。

 セカンドのレギュラーだった吉川尚輝が4月の中旬に故障で離脱後、同ポジションには田中俊太や山本泰寛らが抜擢されてその座を争っていたが、交流戦では若林の起用がメーンとなった。6月1日に今季初昇格し、6日の楽天戦(楽天生命パーク)に「八番・二塁」で今季初スタメン。翌7日のロッテ戦(東京ドーム)では4回に二木康太からプロ初本塁打となる1号2ランを放つと、勢いに乗った。9日の同カードでは4回に2号ソロ。さらに首脳陣の評価を上げたのが、「足」だった。

 8回に先頭で四球を選ぶと、一死後、二盗&三盗を連続して成功させ、この回5得点に貢献。このとき一塁ベース上で鈴木尚広外野守備走塁コーチから「岡本(和真)が(今季)2盗塁しているから負けているぞ。きょう(2個以上)走るぞ」と耳打ちされたと言い、「決められて良かった」とクールに喜んだ。

 その鈴木コーチも「失敗を恐れない強さが今日も出ていた」と絶賛した。交流戦の勢いそのままに、レギュラー奪取へ、このまま突き進む。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:6/28(金) 12:12
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事