ここから本文です

60歳代後半層の就業促進が本格化 明暗分かれる高齢者雇用のコスト

6/28(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

【今週の眼】太田聰一 慶応義塾大学経済学部教授

<2019年7月6日号> いよいよ、60歳代後半層の就業促進が本格化する。5月15日の未来投資会議では、70歳までの就業機会の確保措置を企業に求める骨子案が示され、安倍首相はその法制化方針を明言した。 本文:1,273文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

太田 聰一 :慶応義塾大学経済学部教授

最終更新:6/28(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る